<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たかしが、アルバイトを始めました。

前から「高校生になったら、あそこで働きたい」と言っていましたが、病気を患っていることがわかり、たかしも私も諦めていました。

しかし、今回、私がこんなことになってしまい、たかしが私のかかっているお医者さんに「母が、今、一番悩んでいることは何ですか?」と訊いたら、先生が「あなたの学費のことです」と言われたので、たかしが意を決して働くことを決めたらしいのです。

理由を本人に告げるお医者さんも、ちょっと残酷やなぁと思うけれど、その一言で、たかしは諦めていたことを現実のものにするように、背中を押されたかたちになったのは、果たしていいことなのか、無理をさせてしまっているのか。

取り敢えず、週に1日、13時から16時まで、トレーニング期間を経て、実際に働くことができるかどうか、店長さんが判断しはるらしいのですが・・・。

たかしに課せられた課題は、ひとつ。

「声を張って」というものです。

初めて働く時、なかなか大きな声で「いらっしゃいませ」とは言えないものです。

特に、たかしは小さな声で、ぼそぼそと話すので、陽気に明るく元気に「いらっしゃいませ」と言うことは、本当に難しいと思います。

けど、それができるようになったら、たかしも明るく、積極的な性格になるかもしれません。

私が、たかしに「立ったままとか、品出しとか、どうもないか?」と心配のあまり言ってしまいましたが、たかしは「そんなこと、言うてる場合やない」と、きっぱりと言っていました。

初めての日は、緊張したり、初めてのことばかりで、時間がすぐに過ぎたと言っていましたが、これから、続けることを目標として、オレは頑張ると勇ましいことを言っていました。

けど、本当は、心身共に疲れていて、晩ご飯も食べずに、寝てしまいました。

私は、たかしに何もすることができませんが、一番難しい「見守る」をすることにします。










[PR]
by marurin373 | 2017-05-28 03:17 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

症状

最近の、私。

すぐに、大事なものがなくなります。
だから、1日中、探し物をしています。

「何を食べたか」も忘れるけれど「何か食べたか」も忘れます。

お薬は、分包してわかりやすくしてもらっているのに、たかしに「薬、飲んだか?」と訊かれても、飲んだかどうかわかりません。

今日や昨日のことは忘れていますが、昔のことはちゃんと覚えています。

あんまり行ったことのないところでは、迷子になりました。

同じものばかり買ってしまいます。

使ってもいい分だけしかお財布に入れておかないと、入れてる分を全部使ってしまいます。

眠るお薬をちゃんと飲んでいるのに、4時間くらいしか眠ることができません。
でも、そのまんま起きていないと、眠くてまた寝てしまうと、そのままずーっと寝続けてしまいます。


自分でも、すっごく恐いです。

本当に元に戻るのか、とても不安です。

「若年性やないからね」と、お医者さんに言ってもらいましたが、本当に治るのか、恐いし、不安です。

取り敢えず、処方してもろたお薬をちゃんと飲んで、ちゃんと寝て、お医者さんの言う通りにしています。

本当に、認知症と同じ症状です。

「いろいろなことがあり過ぎて、忘れたいこともたくさんあるんやろうね」と、お医者さんが言うてはりました。

確かに、つらくて苦しくて悲しいことがいっぱいありました。

だから、脳みそが「逃避」しているんやと思います。

昨日の夜は、3時間くらいしか眠れなかったので、そのまんま起きています。

でも、土曜日なので、お昼寝しようと思っています。

今は、たかしが「お父さん」で、私が「子供」みたいになっています。

早く、かあちゃんに戻らないと、たかしもしんどいと思います。

さて、そろそろお昼やないから、朝寝をします。








[PR]
by marurin373 | 2017-05-20 08:51 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)

やっと、ブログが書けるようになるまでに回復しました。

今の私は「擬認知症」という病名をもらいました。
「赤ちゃん返り」ともいうそうです。

私1人では、もう解決できないくらいの事柄が一挙に押し寄せてきて、脳みそが「もう、これ以上はあかん」と、停止してしまいました。

なんかあると、くすんくすんと泣くのではなく、あーんあーんと泣くので、たかしも驚いて、どうすればいいのか、悩んでいたそうです。

ヘルパーさんが来はるから、その日は出掛けない曜日に、たかしは学校に行くので、帰りに私の通うお医者さんに行って、話しを聞いてきたそうです。

どんな話しをしたのかは、あんまり教えてくれませんが、ちょっとだけ、教えてくれました。

「今のかあちゃんの中には、5才と、50才と、80才のかあちゃんがいてるねんて」
と、話してくれました。

今日が何曜日か、わからない。

今日は何日か、わからない。

私がいつも座る椅子から、4つのカレンダーをぶら下げて、いつも「今日は何曜日やな」とか、何日やな、とか、確認しています。

日記も、何年も書き続けているのですが、夜、寝る前にお薬を飲んで、さぁ書こうと思うのですが、何があったか、さっぱりわからず、たかしに「かあちゃん、今日、何してた?」と訊いて、たかしが「今日のかあちゃんは、買い物に行ったよ」と教えてもらって、書いています。

脳みそに、膜が張られているような感じで、なんかぼんやりしていたり、逆にイライラしたりもします。

更年期障害の検査にも行こうかと思っています、と、お医者さんに言いましたが、今はまだ必要はないよ、と言われました。

いろいろ調べたりするよりも、ちゃんと寝て、食べて、誰かとお話していたら、治ると言われました。

検査結果が出て、説明されても、たぶん、理解できなくてよけいに不安になるよ、とも言われました。

4時間くらいしか眠れないと言うと、お薬を増やさはりましたが、効き過ぎて、今日は寝坊してしまいました。

お医者さんには、毎週おいで、て言われて、お薬も1週間分しか出してもらえません。

なので、週に1日、お仕事に行く日の帰りに、お医者さんに行っています。

早く治さないと、たかしに迷惑がかかるので、ちょっと焦ってきました。

訪問看護師さんが来てくれはるようにもなりました。

本当のおばあちゃんになったみたいです。

今は、5月です。

お母さんと、お父さんのお誕生日があります。

それだけは、忘れません。

「なんかあった時に、連絡するところ」を、紙に書いて、たかしに渡してあります。

そやさかいに、晩ご飯をちゃんと作ることができた日は、たかしにすっごく喜んでもらえます。
「んまい、んまい」と言って、たくさん食べはります。
私も、そんなたかしを見て、嬉しくなります。

文章を書くのは、脳みそがすごく疲れるので、今日は、ここまでにします。

おやすみなさい。










[PR]
by marurin373 | 2017-05-19 21:13 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)