<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パチモンくん

私が、coopの個別配達で購入した、白くてサイコロみたいな、んで、よく汚れが落ちるっていうスポンジで、台所のシンクを洗っていたら。

「お、かあちゃんも、それ使てるん?」
「何が?」
「それ、激落くん」
「ああ、これか」
「オレんとこも、それ使こて、いろんなとこ洗ろてるわ」

たかしよ。

君は、いつから「店長」になったんや?

たぶん、まだ名札に「実習中」て書かれてるんやろ?

ま、嫌がらずに頑張ってるみたいやさかい、その高飛車な態度も、今回だけは、許しましょう。

「学校は、お金を支払って、いろいろ教えてくれはるところ。
バイトは、いろいろ教えてくれはるのに、お金がいただけるところ。
ありがたいなぁ〜」
と、私が言うたら、たかしは「なるほどなぁ」と、納得してはりました。

しかし、英語の宿題も、頑張れ。








[PR]
by marurin373 | 2017-07-30 09:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

17

今日は、たかしの17才のお誕生日です。

私も、かあちゃん歴17才。

17年前の、24日、25日、そして26日のことは、今でも鮮明に覚えています。

出産は、決して母となる私だけの力で赤ちゃんを産むのではなく、たかしも自然の摂理通りに生れようとしていたのだと知ったのは、いつやったんやろう?

たかしと2人で暮らし始めて、もう13年。

何か壁が現れては、なんとか乗り越え、するとまた何か問題があり、どうにか解決し、また山が現れては、登り切り、と、している間に、17年が経ちました。

昨夜、たかしの母子手帳を取り出して見ていたのですが、とにかく不安と、心配と、けど喜びの言葉がいっぱい綴られていました。

そら、初めてのことばっかりやもんなあ。

年はとってても「かあちゃん」になって、まだ間もない頃のことやもん。

ひときわ大きな文字で「産まれてきてくれてありがとう。たかしがお腹の中にいることは、いっぱい蹴ってくれて、よくよく知っていたけれど、こうしてちゃんと会えたことが何よりも嬉しいです」と書いていました。

毎年、思います。

ほんまに、産まれてきてくれて、ありがとう。

私は「たかしを産むために産れてきた」とも思います。

こうして、命が脈々と繋がっていくんですね。

弟も、父も、母も、きっとたかしのことを見守っていると信じています。

そして「かあちゃん」として、17年、育ててくれてありがとう。

ちょっとのことでは動じなくなる精神力を、たかしに鍛えていただきました。

「なんか、誕生日やさかいに、食べたいもん、ある?」
「いつもの、かあちゃんの、野菜炒め」
「誕生日くらい、なんか違うもんにしような」
「オレは、いつもと同じように過ごして、17才になったんやなぁと、しみじみしたいねん」
「ほんまに何もいらんの? カステラとか、おまんじゅうとか」
「特別なことはせんでええねん。いつもの通りに、かあちゃんにしか作れへん、オレの大好きな野菜炒めが、食べたいねん」
「ふ〜ん」
「いつもと同じように、今日がやって来たことが、嬉しいねん」
「まぁなぁ・・・」
「かあちゃんは、入院してないし、オレは、まあまあ元気でバイトも続けられてるし」
「ふ〜ん」
「いろいろあったけど、無事、我が家で17才になれたことが、嬉しいだけやねん」
「なるほどなぁ・・・」
「それに、なんかおまんじゅうとか、カステラていうても、オレの稼いだバイト代から買うんやろ」
「そら、そんなことはあらへんけど」
「いつも通りでええねん」

急に、言うことが変わったので、私も驚きつつ、たかしの言葉を聞いていました。

「親離れ」にむけて、着々と進んでいるようです。

それに引き換え、私は・・・まだまだ「子離れ」できそうにありません。









[PR]
by marurin373 | 2017-07-26 04:45 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

いたしかたなく

「かあちゃん、」
「ん?」
「なんで、台所にメガネが置いてあるん?」
「あぁ・・・」
「なんでなん?」
「あのな、例えばスパゲッティを何分茹でたらええんか、とか、何ccとか、作り方とか、何分チンしたらええんかとか、とにかく、細かい字が、もう見えへんさかいに、古うなったメガネ、置いてるねん」
「大変やな」
「そやねん、千切りとかする時は、メガネないと切れへんねん」
「あーあ、年はとりたーないなぁー」


先日、子宮を全摘した術後の検診に、いつもの総合病院に行ってきました。

手術をした病院は、4月から産婦人科がなくなったのです。

なので、私は自分でこのブログに書き留めていた手術の方法をプリントアウトして、いつもの病院で引き続き診てもらうようにお願いしました。

それと、誰もが通る「更年期障害」が、やってきたようなのです。

いくら、クーラーのよく効いた涼しい部屋にいても、急にぐわーっと滝のような汗をかいて、暫くしたら、すっとひくのです。

で、婦人科の先生に「えー・・・汗が・・・」と言うと、血液検査をしましょう、ということになり、1週間後に、また受診しました。

「検査の数値で言うと、閉経です」と、はっきり言われました。

本当は不安定な時期らしいのですが、私には、もう子宮もないので、心配することもありません。

頭の中で「閉経です」という言葉がぐるぐるして「女性引退」という結論に至りました。

かあちゃんは、もう「おんなのひと」とは、ハッキリ言えなくなってしまったのだよ。

とにかく、汗がひどいので、2日に1度貼り替える「エストラーナテープ」というものを処方してもらいました。

取り敢えず、このテープを貼って、様子を見てみます。

あーあ、年はとりたーないなぁー。









[PR]
by marurin373 | 2017-07-23 21:42 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

弟が「お姉ちゃん、お姉ちゃん、いつまで寝てるねん」と、いつもの鼻声で、私を起こしました。

それで起きたのですが、今は2017年の7月9日になったばかりの深夜。

たかしが私のベットの下で寝ています。

弟の声を、確かに聞いたのに、あれは「夢」やったんか・・・。

そう思うと、堰を切ったように、涙が溢れてきて、泣いて泣いて止まらなくなりました。

寝ていたのに、たかしも「どうしたんや?」と起きてきて、私が泣きながら「お姉ちゃん、て、呼ぶから、起きたのに、いてへんかった」と言うと、眠たいのと、毎年のことなので、たかしも、だんだんとそんな私に嫌気がさしてきたようで。

「もうな、そんなに毎年毎年泣いてたらな、天国で、困ってはるからな、もう、そろそろ乗り越えなあかんのちゃうか?」と、たかしが言いました。

「乗り越えられるて、思うか?」
「生きたはった時よりも、亡くならはってからのほうが、もう長いんちゃうのん」
「ちがう! 26年、生きてはって、亡くなってから、20年やもん!」
「もうな、乗り越えな、仕方ないんちゃうのん」

ここで、私は、決してたかしに言ってはいけないことを言ってしまいました。

「そやかて、たかしは、一人っ子やん。兄弟無くす、悲しみはわからへんやん」と。

たかしは「そやな、確かに、オレは一人っ子やしな、あんたの悲しみはわからへんわな」と言って、あっちに行ってしまいました。

今の私の言葉は、決して言ってはいけないことです。

私が、たかし以外の子供を産まなかったんやから。

「親」が「子供」に対して、言うべき言葉ではありませんでした。

でも、簡単に「乗り越えな、仕方ないんちゃうのん」と言うので、つい、口から出てしまいました。

私は、弟を、あんなかたちで亡くした悲しみを、分かち合う家族も、もういません。

父も、母も、もうとっくに、あっちに逝っています。

独りで、堪え、耐え偲んで、泣き、やり過ごすしかない、淋しさもあります。

7月1日の、弟の祥月命日の日に書いたブログは、今読むと、ウソばっかりです。

「そういう風に思うことにしよう」という、内容です。

そして、たかしが望んでいることを、書いただけでした。

弟が亡くなったことと、たかしがいてることは、決して「同じ」になることは、ないのでした。

ただ、毎年、私が号泣する姿を見て、たかしが困り果て、どうしたらいいのかわからない、という姿を見てきているので、私は「姉として」よりも「母として」の立場で、書いたものでした。

けど、やはりそんな簡単に、すっきりとできる訳もなくて。

ちゃんと泣いてなかったから、ずっとずっと、ツラい気持ちが心の中で暴れていて、抑えるのに必死でした。

私は、深夜に号泣し、たかしにひどいことを言い、でも「かあちゃんも、落ち着いたら、ちゃんと寝ぇな」と声をかけてくれて、たかしは寝てしまったようです。

たかしにしたら「乗り越えんと、仕方が無い」と言うしか、なかったのだと思います。

毎年、泣いてる母親にかける言葉など、16才の男の子に思いつく筈もありません。

それでも、たかしなりに、私の為に、考えて言ってくれた言葉やったんやと思います。

その言葉に、逆らうような態度をとってしまい、言ってはいけないことまで言って。

「姉」としても「母」としても、失格です。

悲しい時には、ちゃんと、でもこっそりと、泣かないと、こじれてしまうということがわかりました。

朝になって、たかしが起きてきたら、ちゃんと謝ろうと思います。

それまで、私も、少し寝ることにします。

「ええかっこしい」な内容のブログは、後でしっぺ返しをくらうということも、身を以て知りました。

今は、いろいろな思い出や、弟の声や、顔や、歌っている声、話し合っていた言葉、初めて赤ちゃんの弟を見た時のことやなんかと、それと、たかしがお腹にいてる時のことや、赤ちゃんの時のこと、そして悲しい思いをさせてしまっていたことやなんかが、頭の中をぐるぐるしていて、文章もきちんと書けていません。

頭の中を整理して、ちょっとでも落ち着く為に、そして、本音のブログを残す為に、ただ心のうちを文字にしています。

後で読んだら、また変な内容になっているかもしれません。

素直に「悲しくて仕方が無い」という自分も、認めないとダメですね。

それと、たかしは私の「息子」であって、決して私から甘えてはいけないということも、肝に命じました。

たかし、ごめんなさい。

かあちゃんは、言い過ぎました。

・・・練習です。

そろそろ、寝ます。






[PR]
by marurin373 | 2017-07-09 03:07 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

語彙

今は思春期の、どの辺りかはわかりませんが、今年17才になるたかしも、ちゃんと思春期を満喫してはります。

先日は、私に、このようなご発言をなされました。

「かあちゃんのアイデンティティは、野菜炒めと、カレーガーリックチャーハンだけやろ」と。

「アイデンティティ」。

たかしに「アイデンティティて、どういう意味で言うてんの?」と訊いたら、
「存在意義、てこと」と仰いました。

中学生の時とは違い、高校2年生ともなると、ボキャブラリーも豊富になったはるようです。

しかし、私の「存在意義」が「野菜炒めとカレーガーリックチャーハン」だけ、とは、これ如何に。


「野菜炒めて、かあちゃんが、指の手術した時、自分で作ったやん」
「ちゃうねん、作ってもろた、てところが、大事やねん」
「なんやそれ」
「自分で作ったら、めっちゃまずくてもな、かあちゃんに作ってもろたら、おいしいねんて」

・・・それ、私は喜んでええの?

「かあちゃんが手術で、入院したら、どないするん?」
「そやし、日常が、大事やねん」

「言いくるめられた感」がありますが、まだ「子供のたかし」の部分が、ほんの少し、残ってるみたいです。

しかし、これって、彼女とかに言う言葉やと思うのですが・・・。

ほんまに、かあちゃんに言うてもええんかいな、て思うくらい、嬉しい言葉でありました。






[PR]
by marurin373 | 2017-07-06 19:56 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

20年

今日は、弟の祥月命日です。

今年で、20年。

弟が遺したバンドのカセットを、CDにおこしてもらい、それをMacに取り込んで、最近、ずっと、それを聴いていました。

書類を探さないといけなくて、いろいろと探していたら、小さなアルバムが出てきました。

それをぱらぱらと見ていたのですが、その中で「あれ? 私、たかしとツーショットの写真なんて、撮ったっけ」と思い、よく見ると、たかしではなく、弟でした。

今のたかしくらいの年齢の弟が、そこに私と写っていて、かなり驚きました。

立ってる佇まい、醸し出す雰囲気。

よく見ると、顔は違うのに、あ、鼻と口はよく似ていますが、髪質や、顔色が、あまりにも似ていることに、驚きました。

いなくなって、20年が経ち、今日の私の心境が、少し変わっていることに気が付きました。

弟の26年間の思い出は、とてもとても大事。

私の宝物です。

けれど、これから本当に大事なのは「たかしのこれから」です。

あと9年で、たかしは弟と同い年になり、やがて越えていきます。

「姉として」の役目よりも「母として」の役目の方が大事です。

そう思うと、なんとなく、心が軽くなりました。

弟に会いたくて会いたくて、仕方が無い時があるのですが、それは、26年、お姉ちゃんをしていたから。

もっと大事なことは「母である私」です。


こう言う風に思えるようになるまで、20年、かかりました。

毎年、この日は、たかしにも、つらい思いをさせていました。

泣いて泣いて、苦しんでいました。

その度に、たかしが、私を慰めてくれていました。

そうや。

私には、たかしがいてる。

何故、こんな大事な、大切なことに、気が付かなかったのでしょうか?

悲しみのあまり、母であることを忘れていたのかも知れません。

弟の歌声を聴きながら「たかしのこれから」について、考えていました。


やっと、「呪縛」から、解き放たれたような、そんな気分です。

弟も、喜んでいるかもしれません。

「お姉ちゃん」だったことには、変わりはありませんが、同時に、私は「母親」。

「たかしのこれから」を、1人ではなく、本人のたかしと、学校の先生と、お医者さんと、相談しながら、考えていきます。

で、弟には、見守ってもらうことにします。


いっつも、ありがとさん。

これからも、よろしゅうに。

ちゃんと、叔父さんとして、たかしを守ってや。









[PR]
by marurin373 | 2017-07-01 21:50 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)