タグ:息子(たかし) ( 688 ) タグの人気記事

パチモンくん

私が、coopの個別配達で購入した、白くてサイコロみたいな、んで、よく汚れが落ちるっていうスポンジで、台所のシンクを洗っていたら。

「お、かあちゃんも、それ使てるん?」
「何が?」
「それ、激落くん」
「ああ、これか」
「オレんとこも、それ使こて、いろんなとこ洗ろてるわ」

たかしよ。

君は、いつから「店長」になったんや?

たぶん、まだ名札に「実習中」て書かれてるんやろ?

ま、嫌がらずに頑張ってるみたいやさかい、その高飛車な態度も、今回だけは、許しましょう。

「学校は、お金を支払って、いろいろ教えてくれはるところ。
バイトは、いろいろ教えてくれはるのに、お金がいただけるところ。
ありがたいなぁ〜」
と、私が言うたら、たかしは「なるほどなぁ」と、納得してはりました。

しかし、英語の宿題も、頑張れ。








[PR]
by marurin373 | 2017-07-30 09:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

17

今日は、たかしの17才のお誕生日です。

私も、かあちゃん歴17才。

17年前の、24日、25日、そして26日のことは、今でも鮮明に覚えています。

出産は、決して母となる私だけの力で赤ちゃんを産むのではなく、たかしも自然の摂理通りに生れようとしていたのだと知ったのは、いつやったんやろう?

たかしと2人で暮らし始めて、もう13年。

何か壁が現れては、なんとか乗り越え、するとまた何か問題があり、どうにか解決し、また山が現れては、登り切り、と、している間に、17年が経ちました。

昨夜、たかしの母子手帳を取り出して見ていたのですが、とにかく不安と、心配と、けど喜びの言葉がいっぱい綴られていました。

そら、初めてのことばっかりやもんなあ。

年はとってても「かあちゃん」になって、まだ間もない頃のことやもん。

ひときわ大きな文字で「産まれてきてくれてありがとう。たかしがお腹の中にいることは、いっぱい蹴ってくれて、よくよく知っていたけれど、こうしてちゃんと会えたことが何よりも嬉しいです」と書いていました。

毎年、思います。

ほんまに、産まれてきてくれて、ありがとう。

私は「たかしを産むために産れてきた」とも思います。

こうして、命が脈々と繋がっていくんですね。

弟も、父も、母も、きっとたかしのことを見守っていると信じています。

そして「かあちゃん」として、17年、育ててくれてありがとう。

ちょっとのことでは動じなくなる精神力を、たかしに鍛えていただきました。

「なんか、誕生日やさかいに、食べたいもん、ある?」
「いつもの、かあちゃんの、野菜炒め」
「誕生日くらい、なんか違うもんにしような」
「オレは、いつもと同じように過ごして、17才になったんやなぁと、しみじみしたいねん」
「ほんまに何もいらんの? カステラとか、おまんじゅうとか」
「特別なことはせんでええねん。いつもの通りに、かあちゃんにしか作れへん、オレの大好きな野菜炒めが、食べたいねん」
「ふ〜ん」
「いつもと同じように、今日がやって来たことが、嬉しいねん」
「まぁなぁ・・・」
「かあちゃんは、入院してないし、オレは、まあまあ元気でバイトも続けられてるし」
「ふ〜ん」
「いろいろあったけど、無事、我が家で17才になれたことが、嬉しいだけやねん」
「なるほどなぁ・・・」
「それに、なんかおまんじゅうとか、カステラていうても、オレの稼いだバイト代から買うんやろ」
「そら、そんなことはあらへんけど」
「いつも通りでええねん」

急に、言うことが変わったので、私も驚きつつ、たかしの言葉を聞いていました。

「親離れ」にむけて、着々と進んでいるようです。

それに引き換え、私は・・・まだまだ「子離れ」できそうにありません。









[PR]
by marurin373 | 2017-07-26 04:45 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

語彙

今は思春期の、どの辺りかはわかりませんが、今年17才になるたかしも、ちゃんと思春期を満喫してはります。

先日は、私に、このようなご発言をなされました。

「かあちゃんのアイデンティティは、野菜炒めと、カレーガーリックチャーハンだけやろ」と。

「アイデンティティ」。

たかしに「アイデンティティて、どういう意味で言うてんの?」と訊いたら、
「存在意義、てこと」と仰いました。

中学生の時とは違い、高校2年生ともなると、ボキャブラリーも豊富になったはるようです。

しかし、私の「存在意義」が「野菜炒めとカレーガーリックチャーハン」だけ、とは、これ如何に。


「野菜炒めて、かあちゃんが、指の手術した時、自分で作ったやん」
「ちゃうねん、作ってもろた、てところが、大事やねん」
「なんやそれ」
「自分で作ったら、めっちゃまずくてもな、かあちゃんに作ってもろたら、おいしいねんて」

・・・それ、私は喜んでええの?

「かあちゃんが手術で、入院したら、どないするん?」
「そやし、日常が、大事やねん」

「言いくるめられた感」がありますが、まだ「子供のたかし」の部分が、ほんの少し、残ってるみたいです。

しかし、これって、彼女とかに言う言葉やと思うのですが・・・。

ほんまに、かあちゃんに言うてもええんかいな、て思うくらい、嬉しい言葉でありました。






[PR]
by marurin373 | 2017-07-06 19:56 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

たかしが、アルバイトを始めました。

前から「高校生になったら、あそこで働きたい」と言っていましたが、病気を患っていることがわかり、たかしも私も諦めていました。

しかし、今回、私がこんなことになってしまい、たかしが私のかかっているお医者さんに「母が、今、一番悩んでいることは何ですか?」と訊いたら、先生が「あなたの学費のことです」と言われたので、たかしが意を決して働くことを決めたらしいのです。

理由を本人に告げるお医者さんも、ちょっと残酷やなぁと思うけれど、その一言で、たかしは諦めていたことを現実のものにするように、背中を押されたかたちになったのは、果たしていいことなのか、無理をさせてしまっているのか。

取り敢えず、週に1日、13時から16時まで、トレーニング期間を経て、実際に働くことができるかどうか、店長さんが判断しはるらしいのですが・・・。

たかしに課せられた課題は、ひとつ。

「声を張って」というものです。

初めて働く時、なかなか大きな声で「いらっしゃいませ」とは言えないものです。

特に、たかしは小さな声で、ぼそぼそと話すので、陽気に明るく元気に「いらっしゃいませ」と言うことは、本当に難しいと思います。

けど、それができるようになったら、たかしも明るく、積極的な性格になるかもしれません。

私が、たかしに「立ったままとか、品出しとか、どうもないか?」と心配のあまり言ってしまいましたが、たかしは「そんなこと、言うてる場合やない」と、きっぱりと言っていました。

初めての日は、緊張したり、初めてのことばかりで、時間がすぐに過ぎたと言っていましたが、これから、続けることを目標として、オレは頑張ると勇ましいことを言っていました。

けど、本当は、心身共に疲れていて、晩ご飯も食べずに、寝てしまいました。

私は、たかしに何もすることができませんが、一番難しい「見守る」をすることにします。










[PR]
by marurin373 | 2017-05-28 03:17 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

ことの始まりは、こうでした。

私が、病院の待ち時間の時に、己の「手の甲」を、しみじみと眺めていて、なんともその年寄り臭い、ごつごつして、色艶の悪いのが、ほんまにイヤやなぁ、と、思っていました。

病院の帰りにたまたま寄ったドラッグストアが、全商品5%オフの日だったので、いろいろと見て回っていたのですが、ふと、ネイルケアの棚に目がいきました。

私の爪は、形も悪く、深爪で、色も悪い。

なので、高価なものではなく「ちふれ」のマニュキアの中で、一番ベースとなるような「肌色」のものを選び、ついでに除光液も買って、家に帰ってから、早速爪にマニキュアを塗っていました。

たかしが「プラモデルを作ってる匂いがする」と言って、私のところに来て「あんた、何してんの?」と言われました。

「いやな、かあちゃんて、爪の色も悪いさかいにな、マニュキアでも塗ろかなぁと思てな」
「ふ〜ん」
「こんなん、滅多にせーへんさかいに、うまいことできひんわ」
と、私が言うと、たかしが「右の手の爪、塗ったろか?」と言うてくれました。

「きれーいに、根元から先に向かって、まんべんのう塗ってや」
「頑張ってるがな」

たかしは、元来丁寧な仕事をするし、マメなので、思っていたよりも、きれいに塗ってくれました。

「ありがとうさん。あんたさん、きれいに塗れるんやなぁ」
と、私が言うと。

「オレにも貸して」

?

「・・・塗るん?」
「うん」

たかしの指は、亡父にそっくりで、しゅっとしてて、爪の形もきれいです。

亡父は、若い頃、そのあまりにも綺麗な指と爪の持ち主だったので、よく会社で女子社員に真っ赤なマニュキアを塗られていたそうです。

それ程までに、きれいな爪の形と指をしていたのですが、私ではなく、亡弟と、たかしが受け継ぎました。

たかしは、丁寧に、真剣に肌色のマニュキアを塗り出しました。

「かあちゃん、」
「何?」
「ちょっと失敗したし、取るのん貸して」
「ほい」
「ありがと」

ティッシュに染み込ませ、きれいに拭き取り、そしてまた塗り出したのです。

「かあちゃん、」
「何?」
「左手はきれいに塗れるんやけど、やっぱり利き手やない方がうまいこと塗れへんし、ちょっと塗って」


そういえば、たかしがまだ中学生の頃。

髪の毛を切りに出掛けるのも嫌がっていた為、横も後ろも、そして前髪も、思う存分伸び放題でした。

いつも私がゴムで髪の毛をくくったりしていましたが、じゃまくさいので、100円均一のお店で「カチューシャ」を買い、たかしはその「カチューシャ」を気に入って、毎日装備していました。

その時も、こんな気持ちになりました。

「私が産んだのは、男の子やんな?」

まぁ、私も、角刈りにして、しかも金髪にしたりするので、我が家は「ユニセックス」な家風ということで、たかしのことも暖かく見守っていきたいと思います。

今では、私よりもたかしの方が、爪のお手入れに熱心です。

爪切りなど使わず、爪やすりで、きれいにしてはります。


・・・このままでも、ええんやろか?

とか、思わないでもないですが、まぁ、面白い面もあるので、暫く飽きるまで、放っておくことにしました。

髪の毛も、短いよりも、長くしたいということも、先日初めて知ったし。

私が「おっさん」みたいやから、反動で、こんなになるんかなぁ。






[PR]
by marurin373 | 2017-04-26 00:16 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

ヘルパーさんが来てくれはる火曜日なんですが、どうも雨ばっかりで。

雨までとは言えへんけど、小雨?の時とか。

どんよりとしたお天気ばかりです。

しかし、今日の火曜日は、見事な晴天!でした。

で、お布団やら、スヌーピーちゃんやら、どっさりと庭に干してもらいました。

たかしの枕も・・・と思い「?」となり、くんくんと匂いを嗅いでみたら、これはまさしく「お父さんの匂い」やん!

はぁ・・・。

ミルクの匂いがしていた、たかし。

土の匂いがしていた、たかし。

暫くは無臭かと思いきや、もう立派に「お父さんの匂い」をさせたはります。

なんかもう、ショックでした。

独り、取り残されたみたいで。

解散はするし、悪者扱いされるし、親離れするし、なんかもう淋しいです。

あ、私は、白髪が随分増加しました。

なので、許される職場なので、仕事中も帽子被ってます。

早よ散髪行きたいなぁ・・・けど、新年度の支払いのほうが先やさかいになぁ・・・。

確かに「お父さんの匂い」は、懐かしいけどなぁ・・・。

17才で、もう新陳代謝が活発やのに、しんどいとか疲れるとか眠いとかで、毎日お風呂に入らへんさかいに、そんな匂いさせてるんやろか?

ま、2年生も、頑張ってください。









[PR]
by marurin373 | 2017-04-04 22:03 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

京男

特に、今まで気付かなかったのですが、たかしは、京都弁を話しています。

もちろん、私が使う古い京都弁ではありませんが、確かに、京都弁です。

「している」を、関西弁に言い換えると、
神戸は「しとう」、
大阪は「してやる」、
そして京都は「したはる」と、少しづつ違います(あくまでも主観ですが)。

たかしは、産まれた時からここに住んでいるのにもかかわらず、京都弁で話します。

「今日、先生、いたはらへんかったわ」とか言うてます。

ま、ずーっと私と2人で暮らしていたら、そうなるのも仕方ありませんが。

「京都弁の英才教育」をしているようなもんですね。

そやさかい、優しく話しているように聞こえるのかもしれません・・・例えそれが文句でも。












[PR]
by marurin373 | 2017-03-28 22:00 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

こどな

思春期の後半になり、ますます厳しくなってきた、たかし。

とにかく、私に対して、厳しく文句を言うのです。

「オレに、もう知らん人の悪口を言うな。オレに、とにかく、愚痴を言うな」

・・・とかなんとか、軽く1時間は、怒ります。

私も、ただ只管聞いているのですが、いつかきっと倍にして返してやろうと思いつつ、ずーっと、たかしの文句を聞いています。

たかしの主治医の先生が、
「たかしくんの中に、小さな大人と、大きな子供がいるんですね。いつか、それがだんだんと割り合いが変わってきて、小さな子供と大きな大人になるんでしょうね」
と、言うたはりました。

普段は、たかしも温和で、優しいのですが「ぷちん」と切れたら、もう止まりません。

「オレは、1人で産まれてきて、1人で育って、1人で父親と離れて、1人で学費出して高校に行って、1人で毎日ご飯を食べて、病気の母親を助けてる」

ま、そんな感じです。

今、言い合いになっていいものか、それとも、ただ聞いて、たかしの「ガス抜き」をするべきか、いつも悩みます。

2人暮らしなので、お互い、話す相手は私とたかしだけなのですが、たかしは、思い切り私に不満や愚痴をぶつけてきます。

・・・そのくせ、甘える時もあるし。

「男」としてもプライドもあるやろうし、私ではできないことを頼むと、不満そうな顔をしてしてくれる時と「もう、オレに甘えんな!」と、怒る時もあります。

「かあちゃんは、なんでもできる」とでも思っているんですかねぇ。

たかしは「なんでもオレに話すな。聞きたないこともある」と言いますが、もちろん、私も、なんでもかんでも話している訳ではありません。

当たり前ですが。

たかしも、今年で、17才。

多分、自分のことで精一杯なんでしょうね。

勉強、進路、友達、そして、自分の病気。

たかしも、いろいろなことを抱えています。

しかも、頼れるのは、こんな障害者の母親しかいない。

私が出かける時は、必ず
「帰る時、メールしてな」と、言います。

「どっかで倒れてるかもしれんから、生死確認」の為に、私にメールを送らせているそうで。

そう思うと、まぁ、優しいと言えるのですが、遅いと怒るし、どっちが「親」か、本当にわかりません。

思い出すと、亡弟も、高校2年生くらいの時は、こんな感じだったように思います。

ただ、違うのは、亡弟には、両親と姉がいたこと。

たかしなりに、いろいろ考えているのだと思いますが、こうして「大人」になっていくんでしょうね。

「成長」と捉えて、日々、思春期のたかしさんと暮らしています。

ちょっとしんどいけど、お互い様ですね。











[PR]
by marurin373 | 2017-03-20 22:08 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

遺伝

「あぁ、もう、あんたさんも、仕事やら結婚やらで、家出ていって、かあちゃん独りになったら、どないしよー」
「なんや、突然」
「もうな、独りになったらな、京都帰って独りで暮らしていくわ」
「・・・かあちゃんが、独りになる時は、先にオレが死んだ時や」
「なんやそれ」
「オレ・・・結婚・・・せーへんのとちゃうかなぁ・・・」
「なんで?」
「いや、もしもな、家庭持って、子供が産まれても、とうちゃんみたいにな、暴力やら暴言吐いて、奥さんの心も身体も傷付けて、子供をおもちゃみたいに扱って、ひどいことしてトラウマにさせて、離婚て言い出しても、ちゃんと約束も守れんとな、養育費も支払わへんと・・ていう、最低な父親の、息子やからなぁ・・・。なんか、オレもそうなったら、どうしよかなぁ・・・ていう、不安があるねん」

私は、かなり驚きました。

たかしが、そんなことを考えてたなんて!

「そんなん、育った環境やら、育ててる親も違うし、反対に・・・」
「反面教師て、言いたいんやろ?」
「うん・・・まぁなぁ・・・」
「あのな、かあちゃんは、O型やろ?」
「そやなぁ」
「オレはな、A型やけど、あの人と同じの、RHマイナスやねん」
「それがどした」
「そやし、オレは、あの人と同じ血液型やって、ことやん!」
「そんなん、関係ないってば」
「かあちゃんかて・・・ばぁばと一緒の、O型なんやろ?じぃじも、わーくんも、オレも、あの人も、A型で」
「よう知ってんなぁ」
「オレ、いろんな話、聞くけどな、かあちゃんの周りのA型の男の人って、ろくな人いてへんやん」
「そんなことに囚われんとき」
「かあちゃんには、わからへんのや」
「かあちゃんは、そんな風に、たかしを育ててない」
「うん・・・」
「育ててるって、もう、あんたさん、今年で17才やん」
「そやな」
「もう、育てるていうより、一緒に暮らしてるって感じやん」
「まぁな。ゴミも、オレが捨ててるし、朝かあちゃん起こしてるの、オレやもんな」
「そやさかい、大丈夫」
「・・・今度は、あんたの楽観的過ぎるところが遺伝してへんか、不安になってきたわ」

・・・禅問答、思春期につきもの。







[PR]
by marurin373 | 2017-02-09 15:01 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

いつものお説教

「あのなー、ちょっとあんたに訊きたいんやけどなー、」

・・・たかしの、いつもの「お説教口調」で、話しかけられました。

「あんた、Facebookとかで、なんちゅーの?元カレ?そういう人と、繋がってるんちゃうやろなー」

ぎくっ。

「なんやいな、それ」
「いやな、あんたやったら、平気で元カレとかと、連絡とりそうやん」
「なんで?」
「そやし、かあちゃんやったら、しそうやって、ことやん」
「あかんの?」
「そらそやろー!」
「けどな、もう何十年も昔の彼氏とやったらな、もう友達に近いやん」
「かあちゃんの、そーいうところが、わかってないっちゅうねん」
「なんで?高校を卒業したんとか、20才とか、それの倍以上生きてきてるんやけどなぁ?」
「あのな、」

たかしが、面と向かい直し。

「相手の人は、もう結婚とかしてはって、子供とかもいてはって、しあわせぇ〜に、暮らしてはるんかもしれんやろ?」
「そやなぁ、」
「そやし、そんな平和な家庭に、土足で、ずかずかと踏み込むな、てことやんか」
「別に、変なことしたり、変なこと言うたり、してへんもん」
「ほらぁ〜!やっぱり、連絡とったりしてるんやんか!」
「別になぁ・・・。もう、全部、済んでるからこそ、連絡とったりできるんやけどなぁ」
「そんなん思てるのん、あんただけやで」
「なんでぇな」
「あんたもな、結婚して、オレが産まれて、けど離婚して、今、オレと2人で暮らしてるんかもしれんけど、相手の人の奥さんの気持ち、考えてみ?」
「そやさかい、もう友達なんやってば!」
「そう思てるのんは、あんただけや」
「なんで?」
「あんたも、もし、まだ結婚してて、相手の人がな、昔の彼女と連絡とったりしてはるのんて、ええ気するか?」
「かあちゃんは、割とそういうの、平気やねんけどなぁ」
「あぁ、もうあかんわ。あんたにSNSする資格、ないわ。ぜんっぜん、わかってない」
「何をやな」
「もうあかん。そういうのが、ろ・う・が・いっちゅうねん」
「何それ?」
「そやし、老害やねん」
「かあちゃん、まだ50才え?」
「そんなこというて、わかってなくて、相手の人とか、奥さんに嫌がられるおばさん!」
「まぁ、あんたさんも、50才になったら、わかるんちゃう?」
「あぁ、もうあかん。アカウント、全部消し」
「なんであんたさんにそんなこと言われなあかんねんな」
「かあちゃんは、常識がなさ過ぎ」

・・・。

たかしよ。

君は、彼女もできこともないやん?

「修羅場」も、知らんやん?

純粋といえば純粋やけど、年とらんとわからへんことも、結構あるねん。

っていうか、なんで「元カレ」と、Facebookで繋がってんの、わかったんやろ?

しかも、3人と。

・・・不思議。











[PR]
by marurin373 | 2017-02-07 09:40 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)