人気ブログランキング |

隔世遺伝

たかしが、青い顔をして私の部屋に入ってきました。

「かあちゃん・・・赤い、んこさんが出る・・・」
「外側に血が付いてるん?んこさんが赤いの?」
「んこさんが赤いねん・・・。小麦粉に食紅混ぜたような感じ」
「あ、それは大腸か直腸から出血してるな」
「・・・そうなん?」
「胃からの出血やったら、黒くて粘り気のある、タール便てのが出るし、吐いたりもするしなぁ」
「腸から血が出てたら、どうするん?」
「ま、お尻からカメラ入れて診てもらわなあかんな」
「お尻から?」
「胃カメラよりも、ずっとマシえ」
「かあちゃんはいろいろ検査してるからええけど、お尻からカメラなんかイヤや」
「どうもないて、痛み止めの点滴しながら診てもらうんやし」
「それで最近ふらふらするんかなぁ・・・」
「血が足りひんの?」
「うん」

それから、たかしは、んこさんをする度に「どんな色で、どれくらいの量のが出たか」を逐一報告してくれるようになりました。

ま、どってことないようです。

「オレが神経質で胃腸が悪いのは、じぃじの遺伝。鼻の穴は大きいのに奥が狭いのは、わーくんの遺伝。循環器系の病気なんは、ばぁばの遺伝や」
「かあちゃんからはなんも遺伝せーへんかったんか?」
「オレは大雑把でもないし無神経でもないし、おこた付けっ放しにもせーへんしな」
「悪かったな」
「もうこれ以上呪われるのはイヤや〜」
「どうもあらへんってば」

そんなことでいちいち気にするから、赤い、んこさんが出るのだと思うのですが・・・。

赤い、んこさんが出るから神経質になるのか。

ニワトリが先か、卵が先か。







# by marurin373 | 2019-03-24 09:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

卒業

22日は、たかしの高校の卒業式でした。

大きなホールで行われるので、ハーバーランドまで2人して行ってきました。


母子家庭では、大人の男の人がいないので、困ることが度々あります。

ネクタイの結び方がわからないのです。

シングルの結び方なら知っているのですが、何度しても細い方が後ろにびろ〜んと伸びて上手くいきません。

「ネクタイの結び方 動画」で検索して、たかしは自分で選んで買ったネクタイ、私はお葬式用の黒いネクタイでやってみるのですが、やっぱり2人共細いほうが後ろにびろ〜んとなり、何度も練習しました。

そんなこんなでやっとさまになったところで緩めて、卒業式の朝を迎えました。


入学式の時に買ったスーツを着てみるのですが、この3年間で肩幅が広くなり、背中には横ジワがいきます。

座ると、ソックスギリギリです。

けどまぁ、別にええか、ということでキチキチのスーツを着て、ネクタイを締めた姿は、入学式の時よりもリクルート感満載でした。

集合が1時間、たかしの方が早かったので、一緒に行って場所を確認して、私は1人で時間をつぶして会場へ。

たまたま座った保護者席のすぐ前に、たかしが座っていました。


スーツの背中の横ジワ。
散髪に失敗したと言って怒っていた後ろ髪。

こんなに近くに座っているのに、たかしがどんどん遠くに行ってしまうような気がして、喜ばしいことなのに私は淋しい気持ちでたかしを見ていました。

キャンパス長さんの挨拶で「ご両親に感謝して」という文言がありましたが、私はたかしに感謝されたくありません。

「かあちゃん、ありがとう」などと言われてしまったら、本当に「親離れ」してしまったようで淋しいからです。

いつまでも「かあちゃぁん、ばんごはん〜」とまとわりついてくるたかしでいてほしいのです。

いや、私も「子離れ」しないといけないのですが、なんというか「卒業式」という節目を迎えると、離れていく感がどんどん押し寄せてきて、急に離れがたくなるのです。

「私も自分だけの時間を」と思って始めた、ホットヨガ。
楽しく続けています。

たかしは「ヨガ、楽しい? 足はどうもないん?」と聞いてきますが、努めて明るい顔をして「楽しいえ! 毎週楽しみやねん」と、たかしの知らない時間もあるのだ、と伝えています。


ま、たかしにも「親離れ」してもらわなくては、と思うのですが、いざ、となると、もうちょっと後でもええんちゃう?と思うのです。

大学の説明会と入学式は、もう1人で行くと言っています。

私は学費の調達だけしかすることがなくなってしまいました。


立派な卒業証書を見て「阪急の座席みたいな表紙やな」と笑っている、たかし。


高校卒業、おめでとうさん。

お祝いのお赤飯、大好きやのに、かあちゃんは味がせーへんかったえ。

子供の成長は、嬉しいような淋しいような。

・・・更年期やから気分が落ち込むのかもしれませんが。









# by marurin373 | 2019-02-23 03:30 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

2019年になってました。

とにかく、私は忙しい日々を過ごしています。

朝起きてから、夜はふらふらとベットに入り朝までぐっすり。

健康的といえば健康的とも言えますが。


自分の転職、そしてたかしの受験。

心身共に毎日毎日忙しかったのです。

んもう、あっという間に1日が過ぎてしまいます。

で、文字を書くことすら忘れるほどでした。


めでたくたかしは大学に合格し、高校も卒業できるとわかり、我が家にまた平穏な、けど忙しない日々がやってきました。

私のエンジンはポンコツなので、そろそろ廃車になりかけです。

けど、毎日毎日用事や仕事があって、これは有難いことなんやと思えるようになりました。

私にしかできないこと、私がしようとしていることを受け入れてくださるところ、そして何より、嬉しいことで忙しいので有難いのです。

この一時の忙しない日々が落ち着いたら、そろそろ自分のためだけの時間やお金を使ってもいい頃かなとも思っています。

何しよかなぁ。

無趣味なので、今までしたことのない、新しく打ち込めるものがいいかなぁ。

世界が広がることがしたいなぁ。


明日も朝からなんやかやとあるので、もう寝ます。

おやすみやす。








# by marurin373 | 2019-02-13 02:24 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

改めて知ること

今まで、もしかしてそうちゃうやろか、と思っていたけれど、それを否定する自分もいて、はっきりさせたくなかったことがありました。

ある晩、たかしが「これ、ちょっとしてみて」と言って「チェックリスト」の紙を持って部屋に入ってきはりました。

これは、そう、これは違う、これは・・・どうやろ? とチェックしていくと、不思議と色のついたところばかりにチェックをつけていました。

出来上がってたかしに渡すと「・・・ん・・・やっぱり、そうか・・・」と言って自分の部屋に戻っていきました。

「それ、何なん?」
と、たかしの部屋に行くと、たかしが「聞きたいか?」と言うので頷くと
「発達障害のチェックリストやってん。かあちゃん、ほぼ当てはまってるねん」と言われました。

いつもどこか身体が動いている。
衝動的に行動する。
空気が読めない。
年齢相当の常識がない。
整理ができない。
計画的に行動できない。
それと、私は2桁と2桁の「足し算」ができないのです。
学習障害も、ある。

やっぱり、私は発達障害やったんかな。

それで、発達障害の相談窓口に行ってきました。

大人の発達障害は、できないことを、できることでフォローするので、わかりにくいそうです。

知能指数しか調べずにいた時代に子供時代を過ごしたので「ちょっと変わったことを言う子供」としか認識されなかったようです。

訊くと、先生や教授、お医者さん、弁護士さんに案外多いらしいです。

人間関係の構築ができなかったり、生きづらさは、発達障害が原因だったようです。

私もショックでしたが、たかしがショックを受けていました。

冷静に私を観察していると、どうもそう思える。
そう思いたくなかったけれど、確認もしたい。
もしそうであれば、フォローも必要やろう。

たかしは、そんなことを思っていたそうです。

突然夜に洗濯をしてたかしに怒られたり、食事中にたかしを怒らせるようなことを言ってしまって我慢させたり、ずっと貧乏ゆすりがとまらなかったり、夜中に突然コンビニに行ったり、と、あげていくとキリがないのですが、自分でも思い当たることばかりです。

算数はできなかったけれど、国語はできた。
なので、算数も国語的に解釈したり暗記したり、小学校時代は私なりに苦労してきました。

この年で改めて知り、治せるものでもないし、少しでも生きづらさを少なくするために環境を変える必要もあります。

そういえば、気圧が変わると頭痛がしてたなぁ。
「音」に変に敏感やったりもするし。

たかしに迷惑をかけないように気を付けていかなあかんな。

50を過ぎて、自分のことを改めて知るということもあるんやなぁ。









# by marurin373 | 2018-12-19 00:07 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)

リターンズ

顔が火照って、滝のような汗が噴き出す。

暑い。

けど、寒い。

寒い。

けど、暑い。

何にもないのに、涙が出る。

たかしに、ちょっと言われただけで泣く。

頭痛がひどい。

耳鳴りもする。

手が震える。

汗が吹き出しているのに、身体は寒い。


・・・おかしいなぁ、私。

「もう死にたい」なんて、ふと、思ってしまう。

これは、絶対に、おかしい。


この症状は、紛れもなく「更年期障害」。

けど、それはもう何年か前に終わっていた筈。

あまりにもしんどくて、婦人科を受診しました。

血液検査をして、下されたのは、やはり「更年期障害」でした。

引っ越しの疲れと、前の家の後片付けと、環境が大きく変わったことと、ストレスで、ホルモンのバランスが大きく崩れてしまったのだそうです。

引っ越しでそうなる方はたくさんいてはるとか。

たかしに言うと、
「それって、思春期みたいなもんやん。ちゃんと食べて、ゆっくり寝たら、いつの間にか治ってるわ、きっと。無理せんとき。んで、ゆっくり寝とき」
と、言われました。

「オレの晩ご飯は、お願いね」と付け足されましたが。

この人の言うことは、いつも的を得ています。

また、再び「更年期障害」になるとは思ってもみませんでした。

終わってすっきりして「第2の人生の始まりや」なんて思っていたのに。

ホルモンのお薬は、乳がんの発症率が上がるので、やめときました。

それでなくとも、たくさんのお薬を飲んでいるので。

たかしの言う通り、食べたい時に食べたいものを食べ、夜は寝たいのですが、食欲が全くなくて、夜はいつまでたっても眠れません。

寝ても、1時間もすると目が覚めます。

細切れの睡眠に疲れ、起きて、録画しておいた「仮面ライダービルド」を観ています。


頭の中は、マルチタスク。

なので、気分転換をして、頭の中をシンプルタスクにする為の、ビルドです。

結構面白い。

滝のような汗を拭きつつ、ビルドを観ています。

観ていると、たかしがやって来て一緒に観てくれます。

「これな、あ、ネタバレやし、言わんとこ」と含み笑いをしながら一緒に付き合ってくれています。

うん、この人は「癒し」の人やな。

「更年期とちごて、老年期障害ちがうのん?」と、笑われましたけど。


暫くは、季節外れの半袖に、扇風機にあたりながらゆっくりしようと思います。










# by marurin373 | 2018-09-28 13:59 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)

耐久年数

あまり見ることのない、私の「身体障害者手帳」の交付された日付を見てみました。

そこには「平成15年5月20日」に、人工骨頭のことで、1級になったと印字されていました。

今から15年前です。

担当医の先生に「緩んできたりしたら、入れ替え手術をせんといかん。お年寄りで約15年が目安やけど、子供さんも小さいし、運動量が全然違うから10年やと思っといてください」と言われました。

それが、お年寄り並みに15年経っても置換手術を、とは言われません。

よく保っていると思います。

痛みはありますが、たぶん「今、入院したら、たかしはどうなる」という気力でなんとか保っているのではないかと思います。

入院したら4週間かかります。

たかしも、もう18才。

ひとりでなんとか生活できる年になりました。

ここで気を抜くとダメな気がするので、大事に、そして荷重関節なので体重を減らして、もうちょっと足には頑張ってもらおうと思っています。









# by marurin373 | 2018-08-31 10:00 | 病気のこと | Trackback | Comments(0)

咲坂さん

最近、たかしは不安定です。

生活環境が大きく変わったからです。

「まだ自分の家って感じがせーへん」と言って落ち着かないようです。

あまり眠れてない様子。

前の家は、保育園の頃から住んでいたので、仕方ありません。

少しでも元気が出るように、ちょっと奮発しました。

「仮面ライダービルド」の変身ベルトを買ってあげました。

たかしは大喜びで「これ、そのまま腰に巻けるわ」とベルトを腰に巻き、ボトルを差し込みぐるぐる回してはります。

ベルトは、小林克也さんの声で「Are You Ready?!」と鳴ります。

あまりにも大きな音なのでスピーカー部分を押さえ、たかしはにっこり。

よかった、よかった。


たかしは、スネークマン・ショウは知らへんのやろうなぁ。

しかし、私はいつまで「ライダーもの」を買わされるのでしょうか。








# by marurin373 | 2018-08-05 10:38 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

今日は、たかしの18才の誕生日です。

たかしは本当に頑固で、自分勝手です。

そやけど、こんなに優しい男の人はいません。

私みたいなんが育てさせてもろたのに、本当にいい青年に育ってくれはりました。

これ以上書くと親バカ丸出しになるので控えます。

たかしの人生は、18才にして本当にいろんなことがありました。

それでも真っ直ぐに育ってくれて、本当に嬉しいです。


たかし、お誕生日おめでとう。






# by marurin373 | 2018-07-26 00:11 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

ダンボール

12日、無事引っ越しが終わりました。

いや、ちっとも「無事」ではありませんでした。

引っ越しが始まるまで、荷造りが間に合わなかったのです。

私は早朝に起きて、徹夜しました。

たかしも昼過ぎに起きて徹夜しました。

それでも間に合いませんでした。

あまりにもの荷物の多さに、根負けしたのです。

「家具をどけないと、荷造りできない」ことと「積み上げられたダンボールに阻まれて荷造りができない」ことが敗因です。

それでも、引っ越し屋さんは根気強く手伝ってくれはって、なんとか新居に移ることができました。


ところが、付けていた電気が新居では付けられず、今真っ暗な中で過ごしています。

荷解きもできません。

まぁ、いろいろあるものです。

Amazonに頼んで、早く明るい生活を始めることにします。

ネットが引っ越しの日に繋がったことが唯一の救いです。


徹夜をしたのと、疲れと、暗さで早くに寝たのですが、慣れないせいか、夜中に起きてしまいました。

歩いて1分のところにあるローソンに行って、コーヒーを買ってきました。

街灯も明るくて、うるさくなくて、なかなかいいところです。

新しい畳の匂いに慣れませんが、ちょっとまた寝ることにします。

たかしの寝息が聞こえないので、安心できないのかも知れません。

そのうちに慣れるでしょう。


早くお日さん、出てこないかなぁ。







# by marurin373 | 2018-07-13 04:29 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

情緒不安定

たかしは、面白いことも言いますが、悲観的でいつも不安を抱えたはります。

たかしが「どないしよ」と言う度に、私が
「どってこと、あらへん」
「どーもない」
「そんなにならへん」
「なんとかなる」
「気にせんときよし」と、言い続けています。

1日には、粉瘤の再手術もありました。

付いて行ったのですが、心配で心配で仕方ありません。

終わって出てきた後でたかしが言うには、
「粉瘤の種みたいなんが、いっぱいあるんやって」
「うん」
「手術はできひんけど、大きなったら、また切開手術せなあかんねんて」
「うん」
「・・・かあちゃん、どしたん?」

いつもなら「そうかいな」とか「また手術したらええやん」とか言うのですが、どうしても、言えません。


1日は、弟の祥月命日でした。

「どうもない」とか言うことが、精神的につらくて言えないのです。

21年も経つのに。

まだ私は悲しくて淋しくて仕方ありません。

泣くと、たかしが困るので、寝ている間に泣きました。

この日だけは、楽天的なかあちゃんではなく、悲しいお姉ちゃんに戻ってしまいます。

引っ越しもあるので、気が紛れるかと思っていたら、弟の作った陶器や写真がたくさん出てきて、引き戻されてしまいました。

1日だけ乗り越えたら、いつものかあちゃんに戻ります。

一体、いつまで「悲しいお姉ちゃん」に戻ってしまうのでしょうか?









# by marurin373 | 2018-07-03 15:19 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

ぼろぼろ

たかしが、叫んでいます。

「かあちゃん、手術したところが裂けてる!」

・・・そんなはずはありません。

取り敢えず、皮膚科に。

粉瘤の再手術となりました。


そして、私。

顎の下が痛くて、ぐりぐりしたものがあるので「リンパ腺が腫れたかな」と思っていましたが、歯医者さんで言うと「顎下腺炎」やから、すぐに耳鼻咽喉科に行くように言われました。

引っ越しは、来月の12日に決まったのにもかかわらず、親子で抗生物質を飲んでいます。


・・・どうなる、引っ越し!






# by marurin373 | 2018-06-18 02:29 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

約1年程度

たかしには、欲しいものがたくさんあります。

その為にバイトをしているようなものです。

しかし、欲しい欲しいと言い続けていたのに、いつの間にか言わなくなることも、よくあります。

本当に欲しいものを、衝動買いすることもありません。

約1年程度、言い続けていると「これは、本当に欲しいのだな」と、わかります。

Nintendo Switchが欲しいと言うようになってから、約1年が経ちました。

バイト代と、貯金と、私からの援助で買える、と思ったたかしは、とうとう買うことにしました。

今、買う時期ではないと言いましたが、たかしの意思は固く、頑として譲りません。

毎日のように電卓を叩き、私に懇願し、結局私が買いに行くことになりました。

高校の課題もあります。

引っ越しもあります。

それでも「これ以上、真剣な顔は滅多に見せない」という顔をして、スプラトゥーンをしてはります。

課題をしないので「中古で売る」という私の脅しにも笑顔で「するやん、するやん、」と答え、毎日楽しそうに日々を過ごしてはります。

童顔のたかしですが、保育園の時に、初めて3DSでポケモンをした時と同じ顔をしてはります。

幸せそうでよかった。


さて、引っ越しの荷造りに精を出してもらいましょか。





# by marurin373 | 2018-06-12 05:17 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

いつの間にか

ふと気が付くと、顔だけから滝のような汗が吹き出ることがなくなりました。

変にイライラすることも、無駄に落ち込むことも、なくなってきました。

これ、もしかして「更年期が終わった」ということなんでしょうか?

漢方薬も、女性ホルモンの薬も、飲まなくなりました。

「乳がんが発生する確率が上がる」と言われたからです。

今までは、お薬の効果で治っていると思っていたのですが、飲まなくなってからも治まり続けています。

私の更年期が終わりを告げた頃、たかしの思春期も終わりました。

最近、我が家は穏やかです。

来月は荷造りに精を出します。








# by marurin373 | 2018-05-27 18:06 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

決定

市営住宅に、めでたく当選しました。

と、思います。

10日に最終審査に行き、係りの方に「17日までに、何の連絡もなければ、当選やと思ってください」と言われたのです。

17日までに何の連絡もなかったので、当選やと思っているのです。

6月中旬に、また用紙が送られてきて、連帯保証人さんに書いていただき、家賃1ヶ月分と敷金を支払えば6月末に鍵がもらえます。

見取り図をもらってからは、たかしと「どの部屋をたかしの部屋にして、どの部屋をかあちゃんの部屋にするか」などといろいろと悩んでいます。

嬉しい悩みでもあります。

これから引っ越しの準備が始まります。

大変ですが、たかしと頑張ります。



ひゃっほ〜い!








# by marurin373 | 2018-05-20 02:13 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

最終審査

10月の、市営住宅定時募集に応募してから、もう7ヶ月が経ちました。

「一般」「特殊目的」「ポイント方式」と、3種類の応募方法があり、私は「一般」「障害者用住宅」「ポイント方式」の、全てに応募しました。

残念ながら「一般」と「障害者用住宅」には落選し、これで13回分の「落選ハガキ」が我が家に届きました。

ところが、なんと「ポイント方式」で、一次審査に通り、二次審査にまでこぎつけました。

戸籍謄本や住民票、障害者手帳、今の住宅の契約書などの書類を揃えて二次審査に。

それでも「書類を提出されても、必ずしも入居できるものではありません」という紙が添付されていました。

それが2月のこと。

そして、漸く、先週「最終審査に提出する書類」が送られてきました。

二次審査も通過できました。

来週、その書類とともに、また審査に行きます。

もし、最終審査に通ることができれば、6月の末に「鍵」がもらえます。

たかしはもう引っ越しする気まんまんで「やっとオレだけの部屋ができる〜」と喜んではります。

私は、あかんかった時の為に、期待せずに粛々と書類を集めています。


さて、どうなることやら。








# by marurin373 | 2018-05-04 02:56 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)