人気ブログランキング |

隔世遺伝

たかしが、青い顔をして私の部屋に入ってきました。

「かあちゃん・・・赤い、んこさんが出る・・・」
「外側に血が付いてるん?んこさんが赤いの?」
「んこさんが赤いねん・・・。小麦粉に食紅混ぜたような感じ」
「あ、それは大腸か直腸から出血してるな」
「・・・そうなん?」
「胃からの出血やったら、黒くて粘り気のある、タール便てのが出るし、吐いたりもするしなぁ」
「腸から血が出てたら、どうするん?」
「ま、お尻からカメラ入れて診てもらわなあかんな」
「お尻から?」
「胃カメラよりも、ずっとマシえ」
「かあちゃんはいろいろ検査してるからええけど、お尻からカメラなんかイヤや」
「どうもないて、痛み止めの点滴しながら診てもらうんやし」
「それで最近ふらふらするんかなぁ・・・」
「血が足りひんの?」
「うん」

それから、たかしは、んこさんをする度に「どんな色で、どれくらいの量のが出たか」を逐一報告してくれるようになりました。

ま、どってことないようです。

「オレが神経質で胃腸が悪いのは、じぃじの遺伝。鼻の穴は大きいのに奥が狭いのは、わーくんの遺伝。循環器系の病気なんは、ばぁばの遺伝や」
「かあちゃんからはなんも遺伝せーへんかったんか?」
「オレは大雑把でもないし無神経でもないし、おこた付けっ放しにもせーへんしな」
「悪かったな」
「もうこれ以上呪われるのはイヤや〜」
「どうもあらへんってば」

そんなことでいちいち気にするから、赤い、んこさんが出るのだと思うのですが・・・。

赤い、んこさんが出るから神経質になるのか。

ニワトリが先か、卵が先か。







トラックバックURL : https://marushiba.exblog.jp/tb/29326641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by marurin373 | 2019-03-24 09:23 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)