2017年 12月 23日 ( 1 )

元通りに

両親のことが、私の心の底の「しこり」ではなくなった途端、病気が治りました。

それまでは「拒食症」で、ご飯は全く食べず、たかしが晩ご飯を食べていても横で「飲むヨーグルト」なんかを飲んでいたりしていました。

ここに文章を書いて、何日か経ち、ふと、己れの変化に気が付きました。

「空腹感」を感じたのです。

それで、少しづつご飯を食べ出したら、体重も元に戻ってきました。

「かあちゃん、最近太ってかなんわぁ」
「あのな、前な、かあちゃん、全然ご飯も何も食べへんかって、どんどん痩せていったやろ?
かあちゃんは痩せて喜んでたから、別にええんかなぁて思てたけどな、顔色は悪いし、げっそりして、シワシワで、まるで年いったおばさんみたいやってん。
オレはな、ちょっとくらいぽっちゃりしてる方が、ええと思うねん。
今、ちょっとづつでもなんか食べるようになってきて、顔色も良くなってきたし、それに顔もぽっちゃりしてきて、シワもなくなってんで。
そやし、ちゃんとご飯食べて、寝てたら、また若く見られて嬉しいってなるわ」

たかしに、諭されました。

何故、私が食事を摂ることができなかったのかは、たかしは知りませんが、今の状態がいいらしいです。

「ただ、調子に乗って、食べ過ぎはあかんで」と、ちゃんと釘も刺されています。

心の状態で、食欲までなくなるんですね。

今は、たかしはお肉、私はお魚と、食べるものは違いますが、一緒に食べるとおいしいです。

「現状維持」を目指して、体にいいものを食べようと思っています。








[PR]
by marurin373 | 2017-12-23 06:26 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)