人気ブログランキング |

カテゴリ:今日の出来事( 476 )

卒業

22日は、たかしの高校の卒業式でした。

大きなホールで行われるので、ハーバーランドまで2人して行ってきました。


母子家庭では、大人の男の人がいないので、困ることが度々あります。

ネクタイの結び方がわからないのです。

シングルの結び方なら知っているのですが、何度しても細い方が後ろにびろ〜んと伸びて上手くいきません。

「ネクタイの結び方 動画」で検索して、たかしは自分で選んで買ったネクタイ、私はお葬式用の黒いネクタイでやってみるのですが、やっぱり2人共細いほうが後ろにびろ〜んとなり、何度も練習しました。

そんなこんなでやっとさまになったところで緩めて、卒業式の朝を迎えました。


入学式の時に買ったスーツを着てみるのですが、この3年間で肩幅が広くなり、背中には横ジワがいきます。

座ると、ソックスギリギリです。

けどまぁ、別にええか、ということでキチキチのスーツを着て、ネクタイを締めた姿は、入学式の時よりもリクルート感満載でした。

集合が1時間、たかしの方が早かったので、一緒に行って場所を確認して、私は1人で時間をつぶして会場へ。

たまたま座った保護者席のすぐ前に、たかしが座っていました。


スーツの背中の横ジワ。
散髪に失敗したと言って怒っていた後ろ髪。

こんなに近くに座っているのに、たかしがどんどん遠くに行ってしまうような気がして、喜ばしいことなのに私は淋しい気持ちでたかしを見ていました。

キャンパス長さんの挨拶で「ご両親に感謝して」という文言がありましたが、私はたかしに感謝されたくありません。

「かあちゃん、ありがとう」などと言われてしまったら、本当に「親離れ」してしまったようで淋しいからです。

いつまでも「かあちゃぁん、ばんごはん〜」とまとわりついてくるたかしでいてほしいのです。

いや、私も「子離れ」しないといけないのですが、なんというか「卒業式」という節目を迎えると、離れていく感がどんどん押し寄せてきて、急に離れがたくなるのです。

「私も自分だけの時間を」と思って始めた、ホットヨガ。
楽しく続けています。

たかしは「ヨガ、楽しい? 足はどうもないん?」と聞いてきますが、努めて明るい顔をして「楽しいえ! 毎週楽しみやねん」と、たかしの知らない時間もあるのだ、と伝えています。


ま、たかしにも「親離れ」してもらわなくては、と思うのですが、いざ、となると、もうちょっと後でもええんちゃう?と思うのです。

大学の説明会と入学式は、もう1人で行くと言っています。

私は学費の調達だけしかすることがなくなってしまいました。


立派な卒業証書を見て「阪急の座席みたいな表紙やな」と笑っている、たかし。


高校卒業、おめでとうさん。

お祝いのお赤飯、大好きやのに、かあちゃんは味がせーへんかったえ。

子供の成長は、嬉しいような淋しいような。

・・・更年期やから気分が落ち込むのかもしれませんが。









by marurin373 | 2019-02-23 03:30 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

2019年になってました。

とにかく、私は忙しい日々を過ごしています。

朝起きてから、夜はふらふらとベットに入り朝までぐっすり。

健康的といえば健康的とも言えますが。


自分の転職、そしてたかしの受験。

心身共に毎日毎日忙しかったのです。

んもう、あっという間に1日が過ぎてしまいます。

で、文字を書くことすら忘れるほどでした。


めでたくたかしは大学に合格し、高校も卒業できるとわかり、我が家にまた平穏な、けど忙しない日々がやってきました。

私のエンジンはポンコツなので、そろそろ廃車になりかけです。

けど、毎日毎日用事や仕事があって、これは有難いことなんやと思えるようになりました。

私にしかできないこと、私がしようとしていることを受け入れてくださるところ、そして何より、嬉しいことで忙しいので有難いのです。

この一時の忙しない日々が落ち着いたら、そろそろ自分のためだけの時間やお金を使ってもいい頃かなとも思っています。

何しよかなぁ。

無趣味なので、今までしたことのない、新しく打ち込めるものがいいかなぁ。

世界が広がることがしたいなぁ。


明日も朝からなんやかやとあるので、もう寝ます。

おやすみやす。








by marurin373 | 2019-02-13 02:24 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

今日は、たかしの18才の誕生日です。

たかしは本当に頑固で、自分勝手です。

そやけど、こんなに優しい男の人はいません。

私みたいなんが育てさせてもろたのに、本当にいい青年に育ってくれはりました。

これ以上書くと親バカ丸出しになるので控えます。

たかしの人生は、18才にして本当にいろんなことがありました。

それでも真っ直ぐに育ってくれて、本当に嬉しいです。


たかし、お誕生日おめでとう。






by marurin373 | 2018-07-26 00:11 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

ダンボール

12日、無事引っ越しが終わりました。

いや、ちっとも「無事」ではありませんでした。

引っ越しが始まるまで、荷造りが間に合わなかったのです。

私は早朝に起きて、徹夜しました。

たかしも昼過ぎに起きて徹夜しました。

それでも間に合いませんでした。

あまりにもの荷物の多さに、根負けしたのです。

「家具をどけないと、荷造りできない」ことと「積み上げられたダンボールに阻まれて荷造りができない」ことが敗因です。

それでも、引っ越し屋さんは根気強く手伝ってくれはって、なんとか新居に移ることができました。


ところが、付けていた電気が新居では付けられず、今真っ暗な中で過ごしています。

荷解きもできません。

まぁ、いろいろあるものです。

Amazonに頼んで、早く明るい生活を始めることにします。

ネットが引っ越しの日に繋がったことが唯一の救いです。


徹夜をしたのと、疲れと、暗さで早くに寝たのですが、慣れないせいか、夜中に起きてしまいました。

歩いて1分のところにあるローソンに行って、コーヒーを買ってきました。

街灯も明るくて、うるさくなくて、なかなかいいところです。

新しい畳の匂いに慣れませんが、ちょっとまた寝ることにします。

たかしの寝息が聞こえないので、安心できないのかも知れません。

そのうちに慣れるでしょう。


早くお日さん、出てこないかなぁ。







by marurin373 | 2018-07-13 04:29 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

情緒不安定

たかしは、面白いことも言いますが、悲観的でいつも不安を抱えたはります。

たかしが「どないしよ」と言う度に、私が
「どってこと、あらへん」
「どーもない」
「そんなにならへん」
「なんとかなる」
「気にせんときよし」と、言い続けています。

1日には、粉瘤の再手術もありました。

付いて行ったのですが、心配で心配で仕方ありません。

終わって出てきた後でたかしが言うには、
「粉瘤の種みたいなんが、いっぱいあるんやって」
「うん」
「手術はできひんけど、大きなったら、また切開手術せなあかんねんて」
「うん」
「・・・かあちゃん、どしたん?」

いつもなら「そうかいな」とか「また手術したらええやん」とか言うのですが、どうしても、言えません。


1日は、弟の祥月命日でした。

「どうもない」とか言うことが、精神的につらくて言えないのです。

21年も経つのに。

まだ私は悲しくて淋しくて仕方ありません。

泣くと、たかしが困るので、寝ている間に泣きました。

この日だけは、楽天的なかあちゃんではなく、悲しいお姉ちゃんに戻ってしまいます。

引っ越しもあるので、気が紛れるかと思っていたら、弟の作った陶器や写真がたくさん出てきて、引き戻されてしまいました。

1日だけ乗り越えたら、いつものかあちゃんに戻ります。

一体、いつまで「悲しいお姉ちゃん」に戻ってしまうのでしょうか?









by marurin373 | 2018-07-03 15:19 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

ぼろぼろ

たかしが、叫んでいます。

「かあちゃん、手術したところが裂けてる!」

・・・そんなはずはありません。

取り敢えず、皮膚科に。

粉瘤の再手術となりました。


そして、私。

顎の下が痛くて、ぐりぐりしたものがあるので「リンパ腺が腫れたかな」と思っていましたが、歯医者さんで言うと「顎下腺炎」やから、すぐに耳鼻咽喉科に行くように言われました。

引っ越しは、来月の12日に決まったのにもかかわらず、親子で抗生物質を飲んでいます。


・・・どうなる、引っ越し!






by marurin373 | 2018-06-18 02:29 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

いつの間にか

ふと気が付くと、顔だけから滝のような汗が吹き出ることがなくなりました。

変にイライラすることも、無駄に落ち込むことも、なくなってきました。

これ、もしかして「更年期が終わった」ということなんでしょうか?

漢方薬も、女性ホルモンの薬も、飲まなくなりました。

「乳がんが発生する確率が上がる」と言われたからです。

今までは、お薬の効果で治っていると思っていたのですが、飲まなくなってからも治まり続けています。

私の更年期が終わりを告げた頃、たかしの思春期も終わりました。

最近、我が家は穏やかです。

来月は荷造りに精を出します。








by marurin373 | 2018-05-27 18:06 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

決定

市営住宅に、めでたく当選しました。

と、思います。

10日に最終審査に行き、係りの方に「17日までに、何の連絡もなければ、当選やと思ってください」と言われたのです。

17日までに何の連絡もなかったので、当選やと思っているのです。

6月中旬に、また用紙が送られてきて、連帯保証人さんに書いていただき、家賃1ヶ月分と敷金を支払えば6月末に鍵がもらえます。

見取り図をもらってからは、たかしと「どの部屋をたかしの部屋にして、どの部屋をかあちゃんの部屋にするか」などといろいろと悩んでいます。

嬉しい悩みでもあります。

これから引っ越しの準備が始まります。

大変ですが、たかしと頑張ります。



ひゃっほ〜い!








by marurin373 | 2018-05-20 02:13 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

最終審査

10月の、市営住宅定時募集に応募してから、もう7ヶ月が経ちました。

「一般」「特殊目的」「ポイント方式」と、3種類の応募方法があり、私は「一般」「障害者用住宅」「ポイント方式」の、全てに応募しました。

残念ながら「一般」と「障害者用住宅」には落選し、これで13回分の「落選ハガキ」が我が家に届きました。

ところが、なんと「ポイント方式」で、一次審査に通り、二次審査にまでこぎつけました。

戸籍謄本や住民票、障害者手帳、今の住宅の契約書などの書類を揃えて二次審査に。

それでも「書類を提出されても、必ずしも入居できるものではありません」という紙が添付されていました。

それが2月のこと。

そして、漸く、先週「最終審査に提出する書類」が送られてきました。

二次審査も通過できました。

来週、その書類とともに、また審査に行きます。

もし、最終審査に通ることができれば、6月の末に「鍵」がもらえます。

たかしはもう引っ越しする気まんまんで「やっとオレだけの部屋ができる〜」と喜んではります。

私は、あかんかった時の為に、期待せずに粛々と書類を集めています。


さて、どうなることやら。








by marurin373 | 2018-05-04 02:56 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

たぶん

たぶん、なんですが。

今日は、母の祥月命日だと思います。

明日だったのかも知れません。

弟も、父も、そして○ちゃんの命日はちゃんと覚えているのに、母の命日だけはうろ覚えなのです。

これは私が知らないうちに、自己防衛として思い出せないのでしょうか?

ちゃんと調べればわかるのですが、そこまでしても、という気持ちもあるのです。

あの頃、たかしは保育園に行っていました。

それがもうじき高校3年生になるのですから、本当に月日の経つのは早いものです。

何故か、母が亡くなったことで、涙を流したことはありません。

既に「わだかまり」はないのに、不思議と泣けないのです。

もう「母親はいない」ということに慣れてしまったのでしょうか。

父の祥月命日は、今月の19日です。

とても寒いので、お彼岸あたりに帰洛して、お墓参りに行こうと思っています。

年を重ねるごとに、よく「お母さんに似て来たなぁ」と言われることが増えてきました。

自分でも認識しています。

とくにパーマをかけて、メガネをかけていると、ふと鏡を見た時に己の姿に驚くことがあります。

今頃、彼岸で3人仲良く、たかしを守っていてほしいと心底思います。









by marurin373 | 2018-02-08 23:12 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)