アナーキスト

ん〜〜〜区役所の対応って、もっとなんとかならんもんだろうか・・・。
と、常々思っています。

ま、「制度」と「区民」の狭間で大変なんだろうけど、そう簡単に「せやけど、仕事見つけなあかんわ」と言われてもねぇ・・・。
見つけても、「ほんで、月いくらもらえるん?」ときた。

そりゃあ、「借りる」立場だから仕方ないけど、その言葉遣いは、なんやねん!

方言と専門用語ばかりで話すな〜〜!!

京都弁と神戸弁は、ちょっとしたニュアンスも違うし、わからない言い回しもあるし、普通の言葉がキツく聞こえたりするから、いらんことで腹を立てたりしてしまうもんなんです。

こんな頭してたら、友達に「アナーキーなん?」て聞かれましたが、いやいや、立法も行政も司法も、もっとしっかり頑張ってほしい、と思う今日この頃であります。

息子の扁桃腺がまた腫れて、高熱が。
でも、かあちゃんは動かないといけないんだよ〜。
だから、ごはんしっかり食べるのはいいけど、夜はちゃんと寝ようね。
そして、寝ぐずってかあちゃんの顔を蹴らないでね。
痛いから。

君は、もう20キロあるんやから、もう充分に重たいから、「おんぶ〜おんぶ〜」とせがまないでね。
お願いします。
[PR]
# by marurin373 | 2005-03-08 17:58 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

ブログの画面設定

ちょっと変えてみましたが、いかがでしょう?

気分転換です。
[PR]
# by marurin373 | 2005-03-04 01:42 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

驚きの真事実!!

以前から、息子には好きな女の子がいました。
でも、「絶対このヒトの片思いやな」と思って、何を言っても「ふ〜ん」とか「そうなん〜」とか相槌を打って、適当に聞いていました。

そんな話を、今日担任の先生にすると、なんとまあ、「もうカップルですよ〜」とのこと。
これにはビックリしました。

そやかて、そやかて、運動会でちゃんと走れるようになったのは今年からで、生活発表会で泣かなくなったのも今年からで、先日の保育参観では私にべったりで、しまいには、びーびー泣いていたのに!

ちゃっかり「告白」して、「わたしもすき」てゆってもらって、毎日仲良くしているなんて!

そそそそそうなのか・・・。

子供の成長は、時々急カーブで昇っていく時がありますが、息子はこの1年で大きく変わったようです。もう既に「かあちゃん大好き」なだけの息子ではない・・・。

嬉しいような、少し淋しいような、でもやっぱり・・・。
なんか、くすぐったい感じです。

本人は、いたって真面目な「恋愛」をしているようなので、あまりからかうといけないし、と思って黙ってても、「あんな、あんな、」と喋ってくれるから、まだかわいいものです。
その内に、なーんにも話さなくなる時がやって来るんやなぁ・・・。

で、今日の晩ご飯の時、「ちゅうしたら、教えてな」と言うと、
「もう、してん」との答え。しかも、今日したとか。
ええええええーーーーーっっっっ!!

そそそそそうなのか・・・。
ちゅうもしたのか・・・。

「なやんでることがあるねん」と言うので、「何?」と聞くと、
「家族になりたいねん」と。
「それって、結婚したいってこと?」と聞くと、「うん」やって。
その女の子には、妹さんがいるので、「けっこんしたら、いもうともできるんやで」と言ってましたが、残念ながら、まだまだまだ結婚はできないのだよ。

ずっと「かあちゃんとけっこんする」ってゆってたやんかぁ〜〜〜。
もうフラレてしまいました。かあちゃん、惨敗。

「わんわん物語」の、レディとトランプのお人形さんに、それぞれ自分とその子の名前をつけて、仲良く隣同士に並べてあります。
「おやすみ〜」と言っては、ちゅうさせて、「おはよう〜」と言ってはちゅうさせて。

「どんなとこが好きなん?」と聞く(結構いろいろ聞いてる私)と、「にこって わらったおかおが、すっごくかわいいねん」。
そうですか、そうですか。

じゃあ、夜は早く寝て、朝もちゃんと起きて、がんばって保育園に行こうな、息子よ。
かあちゃんも応援するし、協力するよ。

お彼岸までは寒いやろうけど、我が家には小さな、でもしっかりとした「春」がやってきたようです。

しかし、こういうのは、とっても便利。
「笑われるよ」とか、「かっこいいとこ、見せようか」などと、おだてるには、もってこい。
なんだか申し訳ないけど、利用させてもらっちゃおうかな〜。

付け足し程度に、「あ、かあちゃんのことも、ちゃんとすきやしな」と言ってもらえました。
「かあちゃんとは、もうけっこんしたから、こんどは○○○ちゃんと」と言ってましたが、いったいいつまでこの恋は続くんでしょうかねー。

先生方と一緒に、暖かく見守って、そっとしておきます。

なんか、羨ましいなぁ。
さっきは「ゆめに でてきたらいいのになぁ・・・」と呟いて、寝ました。
純粋なんやなぁ。
そんな気持ち、かあちゃんはもう忘れていたよ。

とにかく、浮かれ気分で鼻の下が伸びっぱなしの息子です。
[PR]
# by marurin373 | 2005-03-04 00:46 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(1)

この髪型にしてから、なんか心の中まで軽くなったような気がしている私なのですが・・・。

息子には「ウニ」と言われ、
保育園のお友達には「だんぷまつもと〜〜」と言われ、
また別のお友達には「・・・テレビでみたことある・・・」と言われたので、
「どんな人?」と、聞いてみたら
「んーとな、おっきい おっきい おようふく きてな、おとこのひとやのに おんなのひとみたいな たかいたかい おこえで、おうたをうたうひと」と。
それは、「オカモトトモタカ」ですね。

子供は正直だ・・・。

お母さん方や先生達は
「かっこいいですね〜」とか、「会うたびに短くなっていきますね」とか、「ブリティッシュな・・・」とか、「似合いますねぇ〜」とか、まぁ無難なリアクションです。
でも、事情を知ってる方には「戦闘体制に入ったんですか?」と言われました。

でも、昔をよく知る親戚には「そのほうが、元気に見える」と言ってもらいました。
なんでも、「顔色悪くて、ぼーっと太ってて、髪の毛がうっとうしくて、なんで切らへんのや、と思っていた」そうで。

髪の毛切るには、現オットの許可が必要だったんですよ〜。
で、ずっと「伸ばせ」と言われていて、いつもいつも「サンパツしたい」と言うと、却下されていたんですよ〜〜。
やっと、髪の毛だけは解放されたワケで。

でもまあ、なんといっても、シャンプーが楽ちん。
お風呂を上がってから、タオルでちょっと拭くと、もう乾いていて、すぐにお布団に入れるし。

「もう女は捨てたん?」とも聞かれましたが、そんなことはないです、はい。
[PR]
# by marurin373 | 2005-03-03 14:46 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

サンパツ

区役所へ行く予定が、月曜日に変更になった。
で、ぽっこりと時間が空いてしまった。

寝ると、多分起きれなくなる可能性が大きい。
思い切って、美容院に行ってきました。

美容師さんを説得して、念願の「ツンツンパンク頭」に。
若干短めやけど、また伸びてくるし。

担当の美容師さんも、「気持ちいいわ〜」と言いつつ、切ってくれはりました。
3キロは減った感じ。
シャンプーも、楽チン。リンスはいるのかなぁ。

そして気になる息子の反応は・・・。
「バン(デカレッド)みたいやけど、ウニみたい」と言われてしまいました。

かあちゃんの高校時代はねぇ、みんなこんな頭してたんやで。
大学に行っても、してたんやで。
今までは、我慢してただけやねん。

'80年代のファッションは、21世紀の子供にとっては「ウニ」だそうです。

「おこったら、おとこみたいやから、もっとかわいいこえだして〜」と言われてしまった。
これも、若干ショック。

ふと気がつくと、あと3日で2月が終わるんやなぁ。
びっくり。
家出から1ヶ月、少しづつではあるけれども、事態は進んでいます。

1度決めたら、決して振り返らない。
ショートにしただけで、「イメージチェンジ?」と言われていたが、ここまで切ると、「潔い」とは思いませんか・・・?
ずうぅぅぅぅっと我慢するけど、「ぱちん」てキレたら、もうダメ。
後戻りする気など、全くないし。ある意味、頑固もん。

さて、頭も軽くなったことやし、がんばろかー。
土日は、息子とゆっくりとしよう。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-26 03:48 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

雨には降られるが

息子が、今日から保育園に復帰しました。
昨晩、「あした、ほいくえん、いこかなぁ〜」と言っていたので、
「なんで?」と聞くと、「ながいこと、あってへんし」やって。
好きな女の子に1週間も会っていない、と嘆く息子。

それは、きっとおなか丸出しで、布団を蹴って寝ているからだ。
パンツ一丁で遊ぶからだ。
そして、高熱が出た時に興奮し過ぎて、より高熱になったからだ。

で、息子の言葉通り、ちゃんと熱も下がり、無事保育園に行けた、というワケで。
幼児の「恋」でも、ちゃんと病気を治す力があるのだなぁ、と感心。
少し淋しい気持ちにはなったけど・・・。

ようやっと、私も動ける・・・と思ったけれど、今度は私の方が熱。
でも、動かないと・・・。

で、六甲アイランドにある「障害者就労支援」をされてるところに行ってきました。

この「六甲アイランド」に行くには、JR住吉から「六甲ライナー」に乗りますが、この電車が少し面白い。
と、いうのは、住宅街にさしかかると、そっちの窓がしゅ〜っと白く曇るようになっています。
で、また元通りに。
と言っても、すべての窓ではないし、それより騒音の方がイヤなんちゃうか・・・と思いますが、どうなんでしょう。
かなり、マンションの際々のところを通ってるし。

線路のすぐそばなのに、駅まではすっごく遠い、というのは、なんかツライやろうなぁ。
電車に乗りながら、「ここで下ろして!」と叫びたくなるやろうなぁ。

話を元に戻して、で、その「障害者就労支援」をされているのは、
「社会法人 プロップ・ステーション神戸ネットワークセンター」というところです。

そこで働いてらっしゃる方々は、皆さん何かしらの障害を持たれた方達だそうです。
私もここで、何かできひんやろうか・・・。

その為には、まずはスキル・アップやな。
と、いうより、1から勉強しないと。
そして、Windowsに慣れないと。

みなさん明るくて、すっごくきれいなオフィスで、「ふつう」に働いてらっしゃいました。
私も、ここでなら、車椅子に乗ったまま働くことができるし、PCだけではなくて、病気の知識の共有もできるかもしれない。
もっといい病院もわかるかもしれない。
とにかく、私には必要な場所のような気がする・・・。

なんか、むくむくとやる気が湧いてきました。
で、「月曜日から」とおっしゃって、思わず「はいっ」と答えましたが、月曜日の午前中はヘルパーさんが来て下さる日だ〜。
明日、ちゃんと連絡しよう・・・。

あかん、やる気が空回りしてなぁ〜〜。
と、いうわけで、今夜も「寝るべし 寝るべし」です。
明日は区役所だ〜〜〜。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-25 01:28 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

扁桃腺炎!

昨日の夜から38.4度の熱を出していた息子。
でも、機嫌もいいし、元気でごはんも全部食べているし。
で、とにかく朝になるのを待って、「あんぱんまんせんせい」のところに行きました。

「あんぱんまんせんせい」とは、ウチの近くの小児科なのですが、診察券に「アンパンマン」がお医者さんの格好をしている絵が載っているのと、先生がなんとも、まるで「ジャムおじさん」のような優しい優しい先生なので、息子が「あんぱんまんせんせい」と呼ぶようになった、お医者さんなのです。
息子は咳が出たり洟がひどかったりすると、「オレ、あんぱんまんせんせいんとこ、いきたい」と、自発的にお医者さんに行こうとします。珍しい小児科患者。

朝には39度に手が届きそうだったので、「インフルエンザ?!そんなに慎吾くんに憧れてるんか?!」と思い、検査してもらいましたが、結果は「ただの扁桃腺炎」でした。

そうそう、息子は毎日「あるあるたんけんたい!」と叫びながら歩き、「もうじき、ほしぐみさんになるとです・・・ヒロシです」とポケットに手をつっこんでるしなぁ。
ジャニーズは諦めたんやろうか・・・?
せめて、関ジャニに・・・。

実は今日も区役所に行く約束があったのですが、仕方なく延期。
たぶん、明日の予定もあかんなぁ・・・。
今は大事な時やのに〜〜〜て、ちょっと思いましたが、ふと、「私も一休みしろって事なんかなぁ」と思い直しました。

思えば、毎日イライラして、ゆっくり話したりできていなかったし、「甘えんぼさん」もさせてあげられなかった。
「この人も毎日雰囲気の悪い家の中で頑張ってるんやなぁ」と思うと、本当に申し訳ない気持ちになりました。

で、電話ですませられることは電話ですまして、グラファイトからタンジェりんにデータを移しながら、いろいろと話しました。

このところ、ずーっとディズニーチャンネルかカートゥーンテレビを見ていた息子ですが、テレビも消して、110センチ20キロある息子を膝に乗せてました。
「こんなに大きくて、重くなってたんや」と感慨しきり。
それに、読んだり書けたりするひらがなが、こんなに増えてる!
かあちゃんが必死になってる間にも、ちゃんとこの人なりに頑張って成長し続けてたんやなぁ、と思うと、息子がすっごく愛おしくなりました。

そして、決意も新たに。
かあちゃんも、がんばるえ〜〜〜って。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-22 00:12 | 息子(たかし) | Trackback | Comments(0)

ががが〜〜〜〜〜〜ん

嬉しくて、タンジェりんをいろいろとさわってたら、なぜかガックンが消えてしまった・・・。
元の写真はどこに保存されているのか、いろいろと探ったが、わからない。
かかかかか悲しい・・・。

そのかわり、「んとにも〜〜〜」な写真がiPhotoに入ってました。
すみませんが、ゴミ箱行きだ。
ウチの息子はまだ4才なので。

でも、家の方は、進展がありました。
一応「ここをお願いします」というところが見つかりました。
後は、「福祉協議会」にお願いして、市か県から「福祉資金」を借りることができるか、どうか。
神戸市、もしくは兵庫県、どうぞ私にお金を貸してください。

もう早く引っ越したいけど、ま、落ち着いて、ひとつづつ。
別居→調停→離婚を決意してから、20日。
1ヶ月で別居できたら、すごいけど、資金がナシ。
悲しい専業障害者主婦・・・。

Macのデータ移行もできてないし、ゆっくりやらないと、落とし穴がありそう。
普段の「せわしないの、キライやねん」の私にならなくては。

あと少し、あと少し。
しっかりと足場を固めて。落ち着いて、と。
で、「明日のために その1 寝るべし、寝るべし」やな。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-19 00:49 | Mac  | Trackback | Comments(0)

タンジェりん

先日届いたiMacの「タンジェりん」に電源入れてみました。
おおお・・・・感動・・・アップルマーク・・・・ぐるぐる・・・あ、OSXが立ち上がってる・・・。
・・・ん?
ななななんと、デスク・トップが「ミニチュア・ダックスと微笑み、見つめ合うガックン」やぁぁ!!
びっくりした〜〜〜。
息子に、「がっくんや〜がっくんや〜」とはやし立てられるまでもなく、何故か恥ずかしくて恥ずかしくて。
旧友のいたずらなのか、親切心なのか、いじわるなのか、でもやっぱり面白がってしたな。
ん〜、でも、かなり嬉しかった・・・。

今日は、思いがけなくガックンを見る日だ。
たまたま見ていたテレビに出てきて、「おおおっ!」と驚いた。
ちゃんと、息子に「ガックンやで! かあちゃん、ほらほらガックン!」て言われて、ちゃんと、「恥ずかしい〜〜」の儀式をしたところなのに。

iTunesを開いてみると、あ、「ううあ」や!
以前、某TSUTAYAで見て、「借りるカゴ」に入れてはみたものの、よく見ると
「再生できない機種もあります。
 MP3はダメです。
 Macintoshには対応していません」
ていうようなことが書いてあって、「ちっ」と思って諦めていたヤツやんかぁ!
あああ、これで「月の砂漠」とかが聞ける〜〜。
そして'70〜'80の洋楽ヒット・パレード。
RCサクセション。
覚えててくれてたんや・・・。

まさに、「君が僕を知ってる」やなって、なんか少し泣けました。

ガックンも入ってたけど、これはレンタルでわざわざ入れてくれはったんやろうなぁ・・・?
まさか旧友もガックンが・・・?
いやいや、そんなことはあるまい。と、思いたい。

次は、現Macからの移行。
ウマくいくかな〜〜??

でも、「グラファイト」よりも、「タンジェりん」の方が、絶対に、かわいい。
読み方のせいか。
「りん」のところに、愛着がわくような、親近感がわくというか。

タンジェりん、これからよろしくね。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-18 01:35 | Mac  | Trackback | Comments(0)

見切り発車状態

しびれをきらして、再び不動産屋さんを訪問。
そう、まだ家が決まっていません。

「そろそろ帰ってくる筈やから・・・」との答え。
「イケる確率って、どのくらいですか?」と聞くと、「たぶん、8割方イケるでしょう」とのことだったので、とりあえず必要な電化製品やなんかを買いに、友達に「ホームセンター」に連れていってもらいました。

でも、中をもう一度よく見てからでないと買えないものもたくさんあるので、炊飯器とか照明とかガスレンジとか、「どこでも使えるもん」と「規格が決まっているもん」だけ、買ってきました。
息子の本棚とか、ビデオを入れるボックスとか。
よくある、組み立て式の本棚、1980円くらいかな〜て思っていたら、880円でした!
「2つ買おうか・・・」とも思いましたが、とにかく今日は最低限のもんだけ。

カーテン、カーペット、トイレのカバーなんかは、見てみないとわからないし、まだ買えない・・・。お風呂のスノコとか。

でも、買い物って、ストレス解消になりますねぇ〜。
友達と、「あっ、これ、こんなに安い!」とか、「これならあそこの方が安いかも」とか言いながら安い買い物をばんばんしていくのが、思いの外気持ちよかった・・・。

で、わぁわぁ言いながら広い広い店内を見ていたら、すぐに時間が経ってしまって。
お礼に遅い遅いお昼をごちそうして、「次はあそこの店ね」と約束してもらって、息子をお迎えに行って、今日はおしまい。

これからは、1日にすることは、最高2つまで、にします。
息切れしてもあかんし、倒れたりなんて、とてもできないし。
週末は熱まで出てて、何をしていることやら。

できることを、その日にする。まだできないことについては、悩まない。
そんなことも、友達に教えてもらいました。

障害者の在宅支援かなんかのセンターを見つけたので、そこにも行ってみます。
通勤はどうしても無理があったり、息子が風邪ひくと休まないといけないし、通院もしないといけないので、仕事をする環境としては、やっぱり「在宅」になるかな。

いろんな支援団体もあるようなので、いろいろとあたってみます。
う〜ん、こういうのって、情報戦なんやなぁ・・・と実感。
足が動かない分、ネットは非常に助かる。
時代が変わったことも実感。情報源は、もうパソコンなんやなぁ。

今は、「マテ」の状態です。
できることは、よだれたらたらさせて、待つのみ。
なので、できることだけ、一生懸命にしよう。

現オットに対して、もうあんまりムカついたり、腹が立ったり、しなくなりました。
和解した訳ではなく、無関心になってきました。
あんまり接触しないし、必要以上の連絡事項以外は話さないので、「どーでもいいわ」と思うようになりました。
経験者の方によると、そうなったら、あっさり離婚できるそうです。
どろどろするのも嫌やし、なんといっても息子がかわいそうやし。

今は、息子最優先で進んでいます。
いや、これからも、ずっと、ですね。
「守るべき者」がいるというのは、強いんやなぁ、て友達に言われました。
う〜ん、どうなんやろう?
やっぱり、そうかな。
私、自分も大事なんやけど・・・。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-16 01:38 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(2)

いろんな意見

「親権」と「養育権」についての見解は、専門家のヒトの数だけ答えがあって、
混乱してしまいます。

「私でも、1人で育てていけているという実績が必要」ていうヒトと、
「京都に帰って、実家でおばあちゃんと2人で育てないと」てヒトと、
「とにかく全く知らない土地に移って暮らさないとダメ」ていうヒトと。

私が「障害者」である、ということで意見が分かれるようです。
「障害者だからこそ」と「障害者といって差別してる」って。

ま、最後は自分で決めることやし、なんといっても息子が最優先。
ただでさえ、環境が変わるのだから、少しでも負担を減らして、て考えてます。

すごく酷なことなんやけど、
「どうしたい?」て聞くこともあります。
2人で相談して、決めることもあります。

今が大事。そして、将来も大事。
今できること、できないこと、したいこと、しないといけないこと。

友達に「落ち着いたら、2ヶ月くらい寝込むんちがう?」て言われました。

でも、私は必死です。息子と離れたくないし、離したくない。
息子と自分の将来かけて、頑張ります。

そして、私を支えていただいている、友達たち。
本当にありがとう。心の底から、感謝しています。

さて、寝ようっと。「明日の為にその2 寝るべし寝るべし」
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-13 00:57 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(0)

今日、病院の定期検診の日でしたが、整形外科・呼吸器内科ともに、しばらくは入院・手術することはない、と言ってもらえました。
今、入院なんかしてる場合じゃないし。
膝の手術も、「あくまでも自分の意思で」とのことだったので、「息子が大きくなるまで、まだまだしません(というか、研究がもっと進んでから)」と宣言して帰ってきました。

腎臓は疲れているみたいですが、なんとか頑張ってくれているよう。

しかし、家が決まるまで、とにかくイライラします。
その他のいろんな事は進んでいるのに、肝腎要の家がまだ決まってない。
大家さんが「ダメ」と言ったのなら諦めもつくが、なんか宙ぶらりん状態。
今のところ、他にはなさそうなので、大家さんを待つことにしたけど。

荷造りはちょびちょび進んでる(そんなに荷物がない)し、買わないといけないものも、来週火曜日に友達に連れて行ってもらうことになったけど・・・。
ま、小さいものばかりだから、置いておけるけど。
・・・でっかいモノは、持って行くから。
だって、もともと独身の頃に使ってたモノだから。

とにかく「何か」で頭の中をいっぱいにしておかないと、「ムカつく」だの「腹立つ」だの、そんな感情ばかりになってしまう。

もう、そんなことはいいのに。
たくさん、文句も言ったのに。
引っ越すまでは、息子の為にケンカせずにやっていこう、て2人で決めたのに。

あぁ、こんな状態、よくないってわかってるのになぁ。
「離婚は痩せる」て聞いてたけど、白髪も出てくることを発見しました。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-11 00:36 | 病気のこと | Trackback | Comments(1)

いずこへ〜〜〜

今、家賃とか敷金とかを交渉中・・・だとばかり思って、返事をドキドキしながら待っていました。
でも、いくらなんでも返事が遅い・・・。
あかんのかなぁ、と思って、不動産屋さんに電話してみました。

そしたら生憎「お昼時」やったようで、社長さんはお留守。

夕方、とうとう電話が!!
「ん〜正直申し上げてねぇ・・・」
  あかんのか?!
「どうしてもねぇ・・・」
  やっぱり無理か?!
「大家さんと、連絡がとれないんですよ〜」
  な・なにぃ〜〜〜!!

大家さんは、自由な独り身やからか、よくご旅行とかに行かれるそうで。

「留守電にも入れてるし、毎日電話して確認してるから、帰ってきたら連絡あると思うんやけど・・・」
  むむむむむむ〜〜〜。

で、あともうしばらく待ってみることにしました。
やっぱり、そこが一番いいし・・・。
交通も、利便性も、広さもいいし、なんといってもフラットで、まわりは静かやし。
身体には優しい家やと思うので・・・。

それに、よく考えると、荷造りも、いろんな手続きも、いろんな名義変更も、途中やし。

で、昔からの旧友が、なななななんと!
iMacをくださるというではありませんか!!
これは、かなり嬉しい〜〜〜。
メールいただいた時、泣きそうになりました。

いろんな方が、励ましてくださいます。
「味方やで」て、言っていただくと、「私、1人とちがうんや」て、本当に思います。

なんにもわかってないのにMacを欲しがる私に、懇切丁寧に教えてくれはる旧友。
とにかくタオルとか、溜めてくれたはる旧友。
「東京にいる息子みたいに、お米とか、送るから」て言ってくれはる54才の友達。
「私がiPod買い取ってもいいよ」って言ってくれはる旧友。
毎日忙しいのに、とにかくメールを送ってくれはる旧友。

もしかしたら、結婚した時よりも、ま、そら大変やし、迷惑もかけるし、体力も気力もいるけど、でも、心境としてはいろんな方からの嬉しさをたくさん感じることができるような、そんな気もします。

そして、あんまり友達いないって思ってた、ここでの方々。
「買い物行くの、車出しますよ」て言ってくれはる友達。
「時間なくて、何にもできひんから、とにかく話は聞くから、いつでもメールしてきて」と言ってくれはる友達。
「いらん気は使わんと、自分と息子さんの為だけに頑張り」て言ってくれはる友達。

な〜んや、私、神戸でも友達、いっぱいいたんやんか・・・。

「離婚」は決していいことではないし、息子を傷つけてしまうし、生活も楽じゃないのは覚悟していたけど、なんか「ありがたみ」がいっぱいいっぱいわかって、よかったかもしれない。

もう決めたことやし、それに向かって前進あるのみ!
決して暗いところへ追いやられるのではなくて、明かりに向かって行く感じ。
今、できることから、やっていくこと。優先順位。お金の使い方。
本当に、頭の中はフル回転してます。

いつかまた、私の大事な友達が同じ状況になったら、私の周りの方々のように、できることで力になろう。

ま、その為には、まず息子との生活の安定と維持。
私の病状がこれ以上悪化しないこと。
ん〜、でも、引っ越したら、確かに疲れるかもしれんけど、精神的には元気になるような気がするなぁ・・・。

そうそう、「明日の為に その1 寝るべし 寝るべし」でした。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-09 01:12 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(2)

できうる限り続けようと

まだ引っ越しをするまでは、Macが使えるわけだから、それまで書き続けようとおもいまして。
今は、引っ越し先をやっと見つけて、家賃とか敷金の値段交渉を不動産屋さんにしてもらっているところです。
で、返事待ち。
一体いくらかかるんやろうか・・・。ゔゔゔう〜〜〜。

それと、中古のiMacを入手しようと、友達に聞いたり、ネットで調べたりしています。
とりあえず、iPodを売って、元手にしようか、と。

本当にいろんなことを経験すると、勉強になります。
友達が、「絶対に何か書き残しておいた方がいい」と勧めてくれたのが、よくわかります。
ま、経験したくないことばっかりなんやけど。

でも、実際に身の上に起こると、なんとか乗り越えようと知識や情報を集めたり、「こんな気持ちになるのか・・・」て実感したり。
お葬式の相場やしきたりとかにもくわしくなっちゃったし。

そして、結婚・妊娠・出産・離婚。
多分、調停・裁判。
「わからへん〜〜〜」なんて言ってる場合じゃないし、頭をフル活動させて、息子を守ります。ま、身体はかなり疲れているけど・・・。

早く、新しい家で(古いけど)息子と2人、ゆっくりとお風呂に入って、眠りたいです。

「母は強し」や、ていうことを、実証しようじゃあないか!!

私の周りの皆さん、そしてブログを読んでコメントを下さる方々、忘れてはならない旧友たち。
本当にありがとうございます。
いつか、恩返ししたいとおもっています。
まずは、私がしっかりと、ちゃんと息子と生活している姿を見せること、かな・・・。

「私は1人じゃない」て、実感しています。もちろん、息子もいますが。
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-07 01:03 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(1)

突然なのか、必然なのか

・・・離婚することになりました。
とにかく、息子を守る為、「重度の自律神経失調症」と診断されたにもかかわらず、
不動産屋さんや区役所に赴き、情報を集めたりアドバイスを受けたり。

でも、不思議と孤独感はありません。
息子のお陰、周りの友達のお陰です。
息子に「かあちゃんは、足がいつもいたいから、オレがまもったげる」と言って、抱きしめてくれた時は、自分でも驚くくらいに号泣してしまいました。

ふんばります!

で、ブログは休み休みになると思います(なんといっても、Macが手元になくなるから)が、絶対に復活させます。

がんばれ、私!!
[PR]
# by marurin373 | 2005-02-04 23:22 | 思うこととかなど | Trackback | Comments(3)